キャンプ料理がどうして美味しく感じるのか、スノーピーク発刊の冊子が教えてくれてました。

IMG_4788

どーも!キャンプ日本一周中 佐久間亮介(@sakumanx)です。

先日スノーピークのキャンプ場に行った際に頂いた冊子の中に、「キャンプ料理がどうして美味しく感じるのか」について脳科学的な答えが載っていたので紹介致します!

IMG_4788

「人生に、野遊びを。」スノーピークが掲げる指針

スポンサーリンク

なぜソトで食べる料理はうまいのか。

受付で頂いたこちらの冊子に「キャンプでの料理がなぜ美味しく感じるのか」についての記述がありました。以下、引用です。

自然の中で食べる食事はいつもより美味しいですよね。なぜ脳はそう感じるのでしょうか?実は快感の報酬系は、報酬の絶対値ではなく、今までとの差分に反応します。例えば月収10万円の人が100万円に昇給したら、毎月100万円もらい続けている人よりも嬉しく感じるものです。うちの犬はお風呂が嫌いですが、お風呂からあがった瞬間めちゃくちゃ喜びます。単に普段通りに戻っただけなのに、大きな差分が報酬になるからです。どんな動物でも、巣から外に出ている時にもらう報酬のほうが、安全な場所でもらう報酬より快感が大きくなります。外は基本的には危険な世界です。だからこそ外で食べると、とても美味しく感じるのです。

東京大学大学院薬学系研究科教授 池谷裕二さん

っと、外で食べるとなんで美味しいのかを科学的に?説明してあります!

平日は毎日忙しくて外食ばかり、そんな毎日だからこそ余計に外で食べる、家族で食べる、手間暇かけて食べるキャンプのご飯って美味しいんですね!

特別な食材を使っていなくても、キャンプ場で食べるカレーはやっぱり格別の美味しさですからねー。いや、ほんと。

IMG_7157

キャンプではダッチオーブンを使ってワイルドな料理をしたり、時間をかけて燻製をしたり、はたまた普段はなかなかできない炭火でお肉を焼いたり。

その行為すら貴重な時間ですよね。

普段と違った、調理用品を使うことも料理の美味しさを倍増させてくれる1つの要素かもしれませんね!!

ぜひ、あなたも外での幸福を、キャンプ場で味わって下さい!!

素敵なアウトドアライフを!