キャンプ用品はどこで買えばいいのか。まずはアウトドアショップにいきましょう〜初心者のためのキャンプ入門〜

当記事のまとめ

  • 沢山のキャンプ用品の中から選びたい・・・「アウトドアショップ系」
  • 初心者向けのものを悩まず買いたい・・・「スポーツショップ系」
  • こだわりの1品、こだわりのメーカーが良い(・∀・)イイ!!・・・「専門店系」
  • 個人的には「アウトドアショップ系」に行って欲しい。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=パインパインマン=ケンイチ:アウトドア”笑顔”クリエイター
好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。ブログのシステムと顔面担当。キャンプ初心者に優しい世界になれば良いと思ってますが、旅3年目にして本格的に髪の毛を失った。

「何か面白いキャンプの情報ないかな」と、今日2ちゃんねるのアウトドア板を見てたんです。その中にあった未経験者の方の疑問が、

スポンサーリンク

キャンプ用品って何処で買えばいいの?

20150612-IMG_1759

というものでした。

いや、ほんと。確かに。まぁ、分からんですよね。僕らも分かりませんでしたし。

そう思って一応”初心者向け”を自負するブログの記事を見返したら、

関連記事が無いんだ、これが

これはあかん!!という訳で今回は「キャンプ用品を買える場所」について書いていこうと思います。

キャンプ用品を販売しているお店は実は結構一杯あって、WILD-1のようなアウトドアショップや、好日山荘のような登山メインの専門店だけでなく、スポーツオーソリティ等のスポーツショップにもあったり、果てはヨドバシカメラにもあったりします。

では以下各特徴。

充実した商品量を誇る【アウトドアショップ系】

20160430-IMG_9923

WILD-1やL-Breathと言った、アウトドアに特化したお店。アウトドアショップ系に行くのが主流でしょうか。

特徴は何と言ってもその「品揃え」にあります。キャンプ業界での大手がほぼ置いてある上に、海外の面白アイテムなんかが置いてあることもあります。また、お店オリジナルのPB商品があります(他のメーカーよりも安い場合が多い)。

また、郊外型の大きな店舗であれば、実際にテントやタープを張って、よりキャンプシーンをイメージ出来るような感じになっています。

一方で、この幅広いラインナップと商品量が初心者にはネックになる場合があります。本当に沢山の商品があるので、事前情報が無い場合は本当にどれを選べば良いのか分からない程。その際は店員さんにしっかり相談しましょう。キャンプやアウトドアが好きな店員さんが多く、凄く丁寧に相談に乗ってくれるはずです。

長所

  • 多くのメーカーからの商品を扱っている為、お気に入りのアイテムを見つける事ができる。
  • キャンプ用品からお洒落なウェアまで置いてある。
  • PB等の廉価なキャンプ用品が売っている。

短所

  • アイテムが多すぎて、逆に選びにくいかも(店員さんに相談するのが吉)。

スクリーンショット 2015-01-06 18.31.31

WILD-1 コラボ商品も多く面白いアイテムが多い>

<大型スポーツショップのゼビオが運営するアウトドア専門店。特にエルブレス池袋店のキャンプ用品のラインナップは都内ではピカイチ>

最強のアウトドアショップ sotosotodays

僕らの知る限りの最強のアウトドアショップは小田原市にあるsotosotodaysです。

上のリンク先の記事で色々紹介してますが、初めてキャンプをする人のためにこそあるようなアウトドアショップです。

と思いきや、通も唸るようなアイテムも置いてありますので、キャンプ上級者にもオススメ。是非一度行ってみてください。店長を始め、各店員さんの知識量が半端ない。

キャンプ用品・アウトドア用品専門店

大体コールマンのエントリーモデルがメインの【スポーツショップ系】

ファッションモールなどで度々見かける「スポーツオーソリティ」や郊外に多い「スポーツデポ」等の複合スポーツ店にも置いてある場合があります。

商品量は必ずしも多くはありませんが、コールマンのエントリーモデルがメインの品揃えなので、初心者の方が迷わず買えるという利点があります。商品ラインナップも、本当にキャンプを始める方に必要なものが最低限網羅されているので、迷ってしまってどうしようもない方はこちらで購入するの検討するのも手です。

ぶっちゃけ個人的には最初の道具選びが結構大事なので、最善手としてはオススメしにくいですけども。

長所

  • コールマンのエントリーモデル(初心者でも使いやすい)がメインなので、初心者でも安心。
  • 初心者向けのラインナップは揃っている

短所

  • 選択肢が少ないので、後々キャンプにハマった時に後悔するかも。

スポーツオーソリティ

スポーツオーソリティ 郊外にも市街部にもある便利なスポーツショップ>

スポーツデポ

スポーツデポ ウィンター用品で有名なアルペン傘下のスポーツショップ>

とにかく自分好みのものを探せる【専門店系】

「好日山荘」のような登山系アイテムに絞った専門店やメーカー直営店でもキャンプ用品はお求め頂けます。

前述の好日山荘はどちらかと言うと登山ウエアや登山アイテムがメインになってきますが、店舗規模によっては、登山にオススメのテント等も販売されています。他にも登山用に超コンパクトになった焚火台やガスバーナー等も置いてあります。

またメーカー直営店で最も見かけるのが「モンベル」です。モンベル(関西に本社を置く、日本初のアウトドアメーカー。メインは登山)で販売されている商品を網羅したお店です。このメーカーで全部揃えたい!という方にオススメ。

長所

  • ニッチな(マニアックな)アイテムが探せる。
  • 自分のキャンプスタイルに合わせたアイテムセレクトが可能。
  • 自分の好きなメーカーで揃えることが出来る

短所

  • 一癖も二癖もあるアイテムに出会ってしまう可能性もある
  • 商品のバリエーションが限られてくる可能性もある。

好日山荘

好日山荘 登山用品ならココ!というくらい専門性が高い。>

モンベルストア

モンベルストア 日本ブランドのモンベルで揃えたい方は是非こちらで>


基本的にキャンプ用品を自分で選んで買えるのは、以上の3種類のお店に分けられると思います。

他にもインターネットのウェブショップもあったりしますが、キャンプ用品は実際に触ってみないと結構怖いです。触ってみたら実は使いにくいとか、思ったサイズじゃない等の問題も出てきますので、なるべく実店舗で見て触って感じてみましょう。

また、今回紹介した中で初心者の方やこれから始めようとされている方に最もオススメするのが、【アウトドアショップ系】です。商品数も多いし、展示もあるし、ラインナップも多いです。困ったときには店員さんに相談すればいいだけなので、是非、一度お店に行ってみてください。