【登山初心者向け】さくぽんが買った山道具まとめ

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

山登りを本格的に始めた我々です。キャンプが大好きなのは変わりませんが、山もキャンプも自然の中で過ごす「遊び」なんですよね。山もキャンプ同様にリフレッシュすることができますので、これからは山の楽しみ方や知識も紹介していこうと思います。

まずは道具系の話しです。

スポンサーリンク

さくぽんが買った山道具をひたすら列挙していきます

キャンプ同様にまずは道具が必要になってしまいます。っが、最低限揃えれば日帰り登山はできますし、キャンプで使ってた道具も応用できます。

back1

ブラックダイヤモンドのバックパック30Lです。値段は17,000円くらいでした。日帰りで登山をする人は20L~30Lのものをとりあえず買っておけばいいみたいです。好日山荘の店員さんが言ってました。

IMG_7499

さくぽん、ヤマケンともにKEENのブーツを愛用。値段は16,000円くらいだったでしょうか。登山用の靴って本当にすごくて、これで川の中歩いても靴の中まで水が入らない。本当にすごいっすよね。

IMG_0244

そして、こちらがモンベルのレインウェア。ゴアテックス素材のものです。これはもともと持ってました。値段は15,000円くらいだったかな?パンツも必要で、合わせて30,000円弱。。。

っで、ここまでが最低限揃えて置かなくてはいけない山道具です。バックパック、靴、レインウェア。これがあれば登山できます。全部で60,000円くらいかかってますね・・・。っでも、モンベルで全部揃えれば50,000円以下で買えると思います。

絶対必要じゃないけど、買い足していきたい道具

IMG_7578 IMG_7588

プリムスのシングルバーナー。登山用に買ったわけではないんですけど、結果旅と登山用になりました。セットで9,000円くらいだったかな?シングルバーナーとコッヘルはキャンプ道具系のもので代用できますね。

P1120966 IMG_8400

肌着(ベースレイヤーといいます)、靴下、トレッキングパンツ、速乾タオルです。

それぞれの細かい紹介は別の記事にしますが、最低でも1枚ずつは登山用の肌着、靴下を購入したほうがいいですよ。(どっちもモンベルで買えば合わせて5,000円以内で買えます)

使ってみるとわかるのですが、肌着は不快感を取り除いてくれますし、靴下は疲労を軽減してくれます。

IMG_9584

写真上の青い袋がスッタフバッグ。着替えを入れるバッグです。下の水色のバッグは雨が降った時用に中に水が侵入しないドライサックです。カメラ用に買いました。

IMG_7935

カラビナ。これはなんかカッコいいので買いました(笑)

ってな感じでたくさん買ってました(笑)

スウィートグラスでバイトさせて頂いたお金はほとんどこっちに費やしてしまいました。。。

さっきも言ったようにバッグ、靴、レインウェアがあれば山に登りことができます。むしろ日帰りの低山ハイキングの様な場合であれば、天気の良い日を選ぶとレインウェアすらいらないこともあります。

(ただし、何かあった時用にバックには入れておきたいですが。。。その辺は自己責任です)

キャンプ同様に、まずは最低限の道具を揃えてぜひフィールドに飛び出してもらいたいです。

まずは標高2,000m以下で全行程が5時間前後くらい。

休憩中に飲むお水や山頂で食べるご飯が死ぬほど美味しくて、普通に幸せになれますよ。