▶冬キャンプの始め方全部まとめ | 詳細はこちら◀

テントを使った世界に一つだけのオリジナルエコバック制作企画の総まとめ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ども、さくぽんです。

さくぽん

佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。
このブログの発起人。ライター、モデル。小型ロッジテント「ガレージテント」がtent-Mark DESIGNSから発売!イベントやコンテンツ企画をやる人。あと、地味に教員免許持ってる

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!

 

皆様いかがお過ごしでしょうか?ふらっと2泊3日、山奥のキャンプ場でなるべく人に触れずに、ただただ自然を楽しむキャンプがしたい気分です。

さて、昨年企画したトレファクスポーツさんプレゼンツのエコバック企画の総まとめと、この企画に込めた想いなどなどをちょっと語らせていただきたく!

 

こんなエコバックをプレゼントさせていただきました!

まずは、ご応募頂いた皆様、ありがとうございました!

キャンプの思い出がたくさんつまったタープやテントをエコバックに変身させるという企画でしたが、

下記、トレファクスポーツさんのツイートで募集を行い、当選者にエコバックをお届けしました。

 

すべてのエコバックの制作は、BALTIC AMBERのヤンさんによるハンドメイド品。

それぞれが1点モノ。色んな場所で一緒にキャンプをしたテントやタープ。その思い出も加味すると、この世に2つとして同じものはないオリジナルなエコバックです。

使い込んできた足跡が残るように、パーツ等もあしらわれているあたりは、本当にヤンさんの想いと技術が為せる技。

グロメットやテント素材のビニール部分やファスナーなど、そのテントやタープの素材を最大限生かしてくれるあたり、「さすが」の一言に尽きるヤンさんのプロのお仕事。

 

ゼロベースでの企画取り組みにも関わらず、素敵な形にしていただいたヤンさん。ありがとうございました!

 

っというわけで、形になり当選した皆様のお手元に届いたということで、このプロジェクトも終了となります。

改めまして、企画にご応募頂いた皆様、本当にありがとうございました!残念ながら落選してしまった皆様、すみません・・・。。

当選された方、ぜひぜひ今後とも、ご自身が愛されたテントやタープを、今度はバックとして使い続けてください!

 

長く使えるもの、古いもの、経年劣化をたしなむのも、キャンプの楽しみ方のひとつ

 

さて、ここからは、トレファクスポーツさんとなぜこの企画をご一緒させて頂いたのかとか、そんな話をちょこっとだけ語らせていただきたく!

 

この企画をご一緒させて頂いたトレファクスポーツさんとは、何かとご縁があるんです。

キャンパーのキャンプ愛を深堀りする「キャンプの宝話」というウェブコンテンツをやってみたり、

一緒にキャンプ場でのキャンプギアの買取イベントをやってみたり。

ご一緒する機会が今までにもたくさんありました。

僕が(勝手に)思う、トレファクスポーツさんの素敵なところは、

  • 中古キャンプギアの流通により、初心者のハードルを下げていること
  • 中古買取によって新規ギアの購入資金にできること
  • そして、ヴィンテージギアの面白さを知ることができること

だなって思ってます。

最初の2つについては、その言葉の通りで、

キャンプは初期投資が高くなりがちで、ハマるかどうかわからないキャンプに最初からそんなにお金をかけられないという層へのアプローチをされている。

ギアの購入資金については、僕自身が買取をお願いしたときに、正直いうと買取金額をあまり期待してなかったのですが、地味に満足のいく金額で買い取って頂いたり、クーポンで買取金額が結構アップしたりして、実際に次の新品ギアの購入資金になっているという実体験がありました。

 

倉庫やキャンプ用品の棚の奥底で眠ってしまっている商品にも値段がついたときは、嬉しかったんです。それに、自分が必要なくても、もしかしたら誰かにとっては必要かもしれないって思うと、なんだか嬉しくて。キャンプ道具って捨てられないんだよな、なぜか。次、誰かに使ってもらえると嬉しいです。

そして、最後の「ヴィンテージギアの面白さ」について。

これは、初めてトレファクスポーツさんのお店にいったときに驚いたことでした。

「アウトドア用品の中古の買取って、大手メーカーのファミリーテントとか買取して販売しているだけだろうな」なんて、勝手に想像していたのですが、

 

お店にいくとビックリ。

ガラスケースの中に並ぶ、ランタンやバーナーなどのヴィンテージギアの数々。

テントは、今では手に入らないMOSSが並んであったりと、こんな品揃え豊富なのか!っと本当に驚きました。

ちなみに、複数のアウトドア関係者も僕と同じように勝手なイメージを持ち、実際に店舗に訪れて同じようなリアクションをしてました(笑)。本当、最初生意気に考えていてすみません・・・。

初めてお店にいったときのブログ記事、今読んでもちょっとクスっとできるのでお時間あるときにどうぞ!

取材で話を聞くに、中にいる人がアツい想いをもって、中古のアウトドア・スポーツ用品の買取業態を立ち上げたそうでして。アウトドアラバーな人が社内にいて、好きだからこそ本気でこの業態に取り組んでいるんですよ。

 

キャンプ道具を次から次へと買ってしまうことを「キャンプ沼」なんていいますが、その行き着く先のひとつに「ヴィンテージ沼」もあるんじゃないでしょうか。

 

自分が生まれるよりも前に作られたものが、まだまだ現役で使えるなんて素晴らしい。

使い込めば使い込むほど味が出てくるキャンプギアってかっこいい。

「このストーブ、実は第二次世界大戦で使ってたもので・・・」なんて歴史、すごくないですか?

実はこれ、◯◯のメーカーの前身のブランドで・・・というストーリーを聞いたら、欲しくなる。

人気を博していたけど、何かしらの都合で生産されなくなったアイテム。今こそ貴重だったりするのおもしろい。

そんな中古ギア、ヴィンテージギア沼だからこその楽しみがトレファクスポーツさんにはあって、それになんだかありがたみを感じる僕でした。

つまりその、たぶんアレですね。キャンプの楽しみをもう一歩奥へ、深みに誘ってもらったことが嬉しかったのかなって、今書きながら言語化できました。キャンプの深みにいざなって頂いてありがとうございます!

おかげでランタンはガソリン・灯油ランタンが増えていきます!(笑)

 

そんなトレファクスポーツさんなので、今回のエコバック企画は、「ヴィンテージギアやキャンプ道具の中古買取と販売を通じて、ギアの循環に取り組んでいるトレファクスポーツさん」だからこそのものができないか、っというところにアイデアの起点がありました。

「中古買取り、ギアのループ、ヴィンテージ、エコ?・・・」そんなキーワードが頭の中にあり、

「今の自分にとって不要だけど、まだ使えるものはトレファクに売れる。でも、不要だけど手放せないアイテムってあるじゃん!テント!」って繋がった瞬間がありました。

テントって、残念ながら寿命があると思うのです。経年劣化でシームテープが剥がれてしまったり、紫外線でべとついてしまったり。あるいは、僕が提供したテントは、強風でポールに負荷がかかって折れてしまい、それがフライシートを突き破ってしまって使い物にならなくなってしまいました。

リペアできる範囲を越えてしまい、しかもメーカーでは廃番に。修理もできないけど、でも、それでも、キャンプ場めぐりの日本一周キャンプ旅で使っていたテントだから、どうにもこうにもゴミ袋に入れて処分することもできない。

 

そんなアイテムを、また形を変えて自分のものとして使えないだろうか、もう一度命を吹き込むことはできないだろうかって考えたのです。そんなことをトレファクさんと一緒に打ち合わせの中で考えていき、エコバックの制作をヤンさんに、ワッペンのデザインや告知協力のお願いでこいしさんにもご協力を頂いて、みんなで作ってきました。

 

そんな想いとチームで作った世界に一つだけのオリジナルエコバック。

すでに、当選された方のお手元に届いているかと思います。

ぜひぜひ、キャンプで、日常で、たくさん使ってください。まだまだその子は輝けるハズです。

 

残念ながら抽選で漏れてしまった方、すみません!

これも何かのきっかけになるかもしれません。ぜひ、トレファクスポーツさんの店舗に遊びにいってみてください。ワクワクしますよ!

そして、これもう使ってないなってアイテムがあったら、試しに買取査定してもらってみてください。もちろんアイテムにもよりますが、いいお値段で買い取ってもらえることもありますよ?ここだけの話、スノーピークのアイテムは結構ビックリなお値段で買い取ってもらえます。

 

そして!

キャンプギアも一通り揃ったし、次は何にキャンプの楽しさを見出そうかなって探している方はぜひ、ヴィンテージ系を覗いてみてください。かなりおもしろいですよ!

トレファクスポーツ三芳店が、ヴィンテージ系だとなかなかの品揃えらしいですよ。

 

皆さんのキャンプの楽しみがもっともっと広がりますように!

そんなこと、僕はこれからもやっていきたいんだなって改めて考えさせてくれたトレファクスポーツさんとの企画・お取り組みでした。

それでは、皆さん。キャンプを楽しんでください!また!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました