マウント・クック登山口のキャンプ場「White Horse Hill campground」

ども、さくぽんです。

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e4%ba%ae%e4%bb%8b%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はニュージーランド。新たな一歩の始まりにウキウキ。

新年あけまして、色々と目標を紙に書いてます。今年も一歩一歩成長していきたいですねー!

さて、今回は世界遺産マウント・クックの登山口にある「White Horse Hill campground」のキャンプ場を紹介します。

スポンサーリンク

キャンプサイト

white hill camp1

キャンプ場の看板までもオシャレな感じというか、しっかりしているそれがニュージーランド。

white hill camp2

white hill camp3

どことなく日本のキャンプ場っぽい雰囲気を感じるキャンプ場です。

White Horse Hill camp4

マウント・クック自体はキャンプ場からは見えませんが、こんな景色が見れるキャンプ場です。

総キャンプサイト数は60サイトみたいなので、比較的小さいキャンプ場だと思います。キャンピングカーがたくさんありますが、ここは電源付きサイトはありません。

施設

White Horse Hill camp5 White Horse Hill camp6

ここのキャンプ場は管理人さんが不在のキャンプ場です。なので、各自で受付を済ませる必要があります。

今は使用できないみたいですが、以前はクレジットカードでも支払いができていたそう。すげーな。

White Horse Hill camp7

現在はここに現金を入れるシステムです。日本の無人野菜販売所的な感じです。

White Horse Hill camp9 White Horse Hill camp8

こちらが炊事場兼トイレ、シャワー棟です。ゴミも捨てられますし、トイレもキレイです。日本でもこういう建物系の炊事場はもっと普及していくと利便性が高まりそうですね。

White Horse Hill camp10

こちらはサイトの中央にある簡易トイレ。先程のところも含めて、トイレは合計2箇所。

オリジナルキャンプブランド

料金

1泊1人 13ドル(1,000円程度)

子供は6.50ドル(500円程度)

公式サイト:http://www.doc.govt.nz/parks-and-recreation/places-to-go/canterbury/places/aoraki-mount-cook-national-park/things-to-do/white-horse-hill-campground/

場所

前回紹介したマウント・クックが望めるキャンプ場を通り過ぎて行きます。クイーンズタウン方面から行く人はTwizelという街で買い物を、レイク・テカポから行く人は、レイク・テカポで買い物を済ませましょう。

さくぽんの一押し

マウント・クック3

マウント・クック周辺の山のトランピング(トレッキング)コースがあって、ここが登山口になってます。

一番有名なのはフッカーバレートラック(Hooker Valley Track)。往復3~4時間くらいで行けますので、ここにきたらかならず行くべし!

white hill camp12

キャンプ場が登山口になってますが、一部が日帰り用の駐車場になってますので、必ずしもここのキャンプ場に宿泊する必要はないです。