キャンプやBBQの洗い物って面倒!!そんな貴方にウェットティッシュをオススメします!!

どもども、キャンプで日本一周したいけど車が大破したヤマケンです!

昨日この記事読んでたら、全部当てはまっててワロタ。この記事書いた人、もしかして俺のこと好きなんじゃね?

さて、今回はキャンプやBBQに行った時に面倒な事についてと、便利なアイテムを紹介します。

スポンサーリンク

キャンプやBBQって楽しいけど、洗い物って面倒・・・

毎日キャンプして野外で食事をし続けている我々ですが、毎度毎度面倒くさいのが【洗い物】。

キャンプでの食事やBBQって、結構細々とした洗い物が出やすいんですよね。だけど、自分のキャンプサイトから炊事場までって結構遠かったり、そもそもビールとか飲んじゃうとそもそも動くのが面倒くさいです。笑

特に面倒くさいのが、わざわざ洗剤で洗うほど汚れているわけでも無い食器だったり、包丁とかその辺。

そんな貴方にオススメするのが【ウェットティッシュ】です!

ウェットティッシュの選び方

選び方って言うと中々難しいというか、使ってみないとわからない部分も多いんですけど、ちらっと書いてみます。

ノンアルコールのものが個人的にオススメ。

アルコール成分配合かつ除菌効果を持つウェットティッシュが結構世の中に出回っていますが、こういう汚れを取るだけが目的であればノンアルコールのもので良いと思います。

ぶっちゃけアルコール除菌の効果がどこまであるのか分かりませんし、除菌を狙うので有れば洗剤に勝るものは無いと思います。

汚れを拭き取る目的なのであれば、ノンアルコールタイプで十分です。

他にもノンアルコールタイプを推す理由はあります。例えば、アルコールの成分が中途半端なモノを選ぶと揮発性が低く、アルコールの匂いが残る事が多いです。あとは、アルコールアレルギーを持つ方がいたら大変なことになってしまいます。

オリジナルキャンプブランド

無香料のものを選ぶ

言わずもがな、無香料のモノを選びましょう。手拭きを目的にしたものが多いのでいい香りがついた商品もまた多いです。

ですが、食器を拭いたりを目的に使用するので、無香料タイプにしましょう。

エリエール、スコッティ、シルコットあたりがオススメ

どちらも紙系に強いメーカーで、ティッシュとかトイレットペーパーをメインに作ってるメーカーさんだったりします。

やっぱりその辺それ、蛇の道は蛇、餅は餅屋というように、この3社の商品は良い物です。

具体的に何がいいかというと、生地がしっかりしてるんです。

安物だったり聞いたことないようなところのウェットティッシュだと、直ぐに破けたり、ろくに拭けなかったりとロクでもないものが中にはあります。

値段が若干高いですが、100円200円しか変わらないのであんまり気にならないと思います。

目安として、1泊2日程度なら外出用で十分

ウェットティッシュは箱の物や丸いプラスチックのケースに入った大容量の物、外出用の小さいパック状の物など、いくつか種類があります。

ご自宅でもウェットティッシュを使用されているのであれば、大容量のものでもいいし、自宅にあるものを持って行ってもいいと思います。

もし新しく買うのであれば、外出用の20〜30枚入りのもので十分足りると思います。

量は少ないですが、その分値段も大容量の物に比べてお安いです(それでも100円位しか変わらないので、あんまり気にしなくてもいいとも思いますが)。

生モノを扱った物はちゃんと洗いに行きましょう。

注意点としては、生モノを扱った場合はウェットティッシュではなく、ちゃんと洗いましょうということ。

簡単な汚れ落としを目的に使うので、お肉を切った包丁やまな板はちゃんと洗いに行きましょう。アルコール除菌タイプであれば話は違うかもしれませんが、ウェットティッシュで完全な除菌が出来るという話は中々聞きません。(前職でウェットティッシュに関わることがありましたけど)


以上、役に立つのか立たないのかよく分からん記事になったわけですが、ウェットティッシュはマジで便利だと思います。

食器を拭くだけだけでなく、撤収時にテーブルの天板やチェアの脚周りの汚れを落とすのにも便利です。キャンプやBBQは何かと手が汚れやすいので、そういう意味でもあると便利。

僕らは旅をしている間は必ずと言っていいほど使用してます。

是非お試しください。