秋冬キャンプはマットもちゃんと選びましょう。じゃないと床冷えで眠れないよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2年目旅のはじまり冬特集

どもども、ヤマケンです。

YAMAKEN the Super Star.
2019年11月から自分たちのキャンプ場を営業しようと思ってキャンプ場スタッフを辞めたら、開発許可が下りなくて無職になったスーパースター。
日本一明るい無職を目指していますけど、どなたかお仕事ください。

連続で記事を書くと近況とか小ネタとか尽きてくるよね。がんばろう。

さて、年間通してアクセスが多い記事のひとつに【キャンプ用のマット】についての記事があります。

普通に家で寝る時もマットレスがしっかりしてないと快眠出来ないじゃないですか。それと同じでキャンプもマットがしっかりしてないと快眠どころか、寝付けなかったり、睡眠が浅かったりと結構しんどかったりします。

クッション性も勿論ですが、秋冬のマット選びのキーワードとして【遮熱性】があります。

ヤマケン the SuperStar
ヤマケン the SuperStar

この記事は2019年11月に加筆・修正を行った記事です。

時勢の句みたいなのは投稿当時のものですので、生暖かい目で見てください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋冬キャンプでは特に床冷えが強敵

秋冬キャンプは床冷えも大敵なのでマット選びがより重要になってきます。

晩秋や冬のキャンプをする上で、よく話題になるのは、寝袋を冬用の良い性能のものにしなきゃ!薪ストーブや灯油ストーブをどうしようか!などが多いと思います。

ですが、地味なんだけど、寝袋の必要性に負けないくらい、そしてストーブなどよりも圧倒的に大事なことがあります。

それはキャンプ用マットレスです。

うっかり忘れがちなマットレスではありますが、これが秋や冬にキャンプをする時にめちゃくちゃ重要で、理由としては地面からの冷気による床冷えが尋常じゃないからです。

下がっても0℃位の気温であれば数センチ程度の銀マットだけでもギリギリ大丈夫ですが、それ以下の気温やキャンプをする場所によっては銀マットだけでは眠れないです。

なので、今回はそんなお話を。

1月の真冬の北軽井沢での床冷え経験でよく分かったマットの重要性

真冬のキャンプはマットがしょぼいと命の危険も感じるレベル

当時右足を骨折(酔っ払って岩に足を挟んで敢え無くグッバイ)したところを北軽井沢スウィートグラスに助けて頂いて、働かせて頂いていたんですが(2016年位?)、その時にこんな状況でキャンプをしてみました。

  • 降雪中
  • 薄い雪の上にテントを設営
  • 気温は最低マイナス10℃
  • 暖房器具なし
  • 銀マットの上に良いウレタンマット
雪の上では良いウレタンマットレスでもしんどい

まさにこのときの写真です

銀マットを敷いた上に、サーマレストZライトソルを敷いて寝てみたんですよ。それなのにもう地面からの冷気のせいでまったく眠れませんでした。

まぁこれは真冬の高地のキャンプ場でしかも雪もどかさない上で寝たことが大きいわけですが、何が言いたいのかと言うと床冷えすると僕達人間は眠れないんです。

逆に言うと背中さえ暖かければ眠れることも分かりました。
【冬キャンプは電気毛布】結局人間背中が暖かければ快眠出来るということが判明

冬キャンプでは銀マットだけやパーソナルマットだけでは戦えない

アスガルドはオシャレキャンパーのマストアイテムか?

春夏や中秋くらいまでのキャンプであれば、銀マットやキャプテンスタッグのEVAフォームマットのようなパーソナルマットでも十分眠れますが(床冷え的な意味で)、晩秋から真冬に関しては話になりません。

割と無理ゲーに近い。

実際に何度も、準備が面倒くさくてEVAフォームマットだけで寝ようとして床冷えで眠れない失敗をしている僕が言うので多分間違いないです。本当に眠れない….

最適解は高性能ウレタンマットにインフレターブルマットやコットなどの重ね技

冬キャンプでは必須のマットがウレタンマット

個人的に思う最適解は、下記の通り。

  • コットの上に高性能ウレタンマット
  • 高性能ウレタンマットの上にインフレータブルマット

以上の2択です。お金で解決する話になりますね。

高性能ウレタンマットとは、サーマレストのZライトソルやニーモのスイッチバックのようなR値が高いウレタンマットです(R値まで気にするのは冬山登山くらいだったりするので「ふーん」程度の認識で問題ないです)。

コットで地面から距離を取った上に、ウレタンマットで冷気をカットするか、ウレタンマットとインフレータブルマットの2重化で冷気を遮断するか。

これが最適解だと思います。

お金をかけないなら電源サイトで敷き電気毛布か銀マットを2枚重ねの自宅の布団

秋冬キャンプでマットを揃えられない時はホットカーペットや電気毛布がおすすめ

そんな家族分マットを揃えられないよー….という方は

  • 敷き用電気毛布を準備して電源付きサイトに宿泊
  • 銀マットをもう一枚追加して自宅から布団を持ってくる

というのがやり方でしょうか。

どっちも試したことはあります。

敷き用電気毛布がお金をかけない場合の最適解かなぁ。銀マットの上に敷き用電気毛布を敷いてその上で寝袋に包まると背中が本当に温まってよく眠れます。人間背中が暖かければ大概は眠れるんです(もちろん寝袋もそれなりのものが必要ですが)。

一方で既にある銀マットにもう一枚を追加して、さらに自宅で使っている敷布団などを持っていくのも可能ではあります。が、2月の朝霧ジャンボリーオートキャンプ場(富士山の麓)でこの方法で寝ようとした時は何度も目が覚めましたので、場所を選べば、と言う感じですかね。

 

以上のことから、お金に余裕がある(ソロ装備だけ準備すればいい人など)場合は、コットと高性能ウレタンマット系を準備するのが良いかと思います。僕はウレタンマットとインフレータブルマットの組み合わせですけれども。コット高いし…

お金をなるべくかけない場合は、出来れば電気毛布案かなぁ…それほど高い買い物ではないですし、安全には替えられないので!!

そんなわけで秋冬キャンプにもマットレスは重要ですよー!という記事でした!ここまでご覧頂いてありがとうございます!!

みんなのコメント!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました