【レビュー】キャンプのゴミ箱「ルートートのルーガービッジ」が何かと便利。

ども、さくぽんです。

さくぽん さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

いよいよキャンプシーズンが始まろうとしているのに花粉でやられている僕です。辛いです。

さて、今回はキャンプのゴミ箱について紹介していきます。

スポンサーリンク

キャンプのゴミ箱ってどうしてます?

20160201-IMG_2792

キャンプのゴミ箱といえば、スノーピークやコールマンから販売されている、キッチンテーブルなどに付属させるようなタイプもあれば、ワイルドにゴミ袋そのままだぜ!的な方もいるかと思います。

結構がさつな僕らは直接ゴミ袋を出しっぱなしにしてしまうことが多々ありました。毎日キャンプやってるとこうなっちゃうんですよね・・・

しかし、ゴミ箱自体を持っていないわけではなくて、ルートートのルーガービッジというゴミ箱にも普通のバッグにもなりうるキャンプ道具を持っているのです。

ルートートのルーガービッジ。その使い心地は?!

P3131663

これがルーガービッジです。

P3131665

上から見るとこんな感じで

P3131666

両サイドに留めボタンがあるので、そこに袋を挟んで使います。合計4個ボタンがあるので2袋いけます。ゴミ袋のサイズでいうと30Lくらいでしょうか。

P3131667

何も入っていない状態。

P3131669

たたむと手のひらサイズに。

実際どんな使い心地?

P3131668

たしか、2015年の夏くらいに買ったんですけど、今まであんまり使ってこなかったんです。っというのも毎日移動を繰り返す関係でこのルーガービッジを毎回広げるのが面倒になってました。

っで、この前ゆめ牧場で懐かしの皆さんとキャンプしてきた時に、さすがにゴミ袋生だしはちょっとダサいなーと思って使いました。

収納性と見た目がかなりいい感じで、ゴミ袋以外にもちょっとした荷物を入れたりすることができるし、なんなら普段買い物袋に使えるな、コレ!っと思った次第です。

女子キャンパーの皆さんは結構これ持ってます。

P3131670

こいしゆうかさんもルーガービッジとコラボしてオリジナルの製品を販売されていたり、たしかコールマンも作ってましたね。

買いなのか、無しなのか。

1個1,200円程度なので買っても全然いいかなーって思います。先程も言ったように、2つまで袋を入れることができますので、これで燃えるゴミとカン・ビンに分けることができます。

ファミリーでキャンプをする場合は2個あれば十分だと思います。

女子キャンパーに人気の理由はきっと折りたためてコンパクトになって、かつ、柄が結構カワイイものが多いからなのでしょう。

なので、逆に男のソロキャンパーが使っていると、柄によってはちょっとどうなんだろう・・・てなってしまうかもです。

って、僕らもある意味男のソロキャンパーでしたね。。。まぁ好みの柄があればあんまり気にせず買っちゃってもいいんでしょうなー。