【注意】風が強い日にキャンプするとタープが破れます。

ども、ガルボです。

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。あと気付いたらブログを寄稿していた。ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

いやー正月ですね。私は元旦からモンベルの福袋買いに朝一から近くのイオンに並んでたら今年はモンベルの福袋やってないという今年のスタートでした。

さて、今回はキャンプの際の注意すべきこと。

スポンサーリンク

キャンプで一番危険なのは?

それは風です。

個人的にはそう思ってます。雨なんかは耐えられるけど、風だとそうはいきません。

もしキャンプ当日に強風の予報が出ていたらキャンプを中断することも考えたほうがいいです。

何がそんなに危ないの?

まず、火を起こすのは危険です。

火の粉が遠くまで飛び大切なタープやテントならまだよく、そのへんの枯れ草などに燃え移ったら大変です。人の命にも関わります。

火の粉で穴が空いたタープ

火の粉で穴が空いたタープ。コットン混紡素材出なかったらもっと広がってます。

この間のソロキャンプでは強風で焚き火をしましたが危険と判断してすぐにやめました。

オリジナルキャンプブランド

先日のソロキャンプ

無料の河原にあるキャンプ場へ行ったのですが、夕方からかなりの突風が吹いてました。風速15〜20mくらい。

そこで飛ばされそうな荷物は片付け、レクタタープのタトンカ1TCは風上を地面にペグダウンし張り綱を強く張りました。

全ての箇所にペグを、2本使いました。

すると、しばらくして「ビリビリ」って聞こえたんです。

え?何の音?って思った瞬間、タープのポールが横に吹っ飛んでいったのです。

強風により破れたタトンカ1TC

強風により破れたタトンカ1TC

何事かと思い見に行くとこんな感じでタープがグロメットごと破れてしまいました。

まだ3回目の使用だったのにこれはかなりのショックを受けたのを覚えています。

それじゃ風の強い日にはどうしたらいいの?

https://camp-in-japan.com/post-3261/

一応、こちらのブログでも強風の時の様々な対応を記載しています。

しかし、あまりに風が強いとどんな対策をしてもタープやテントが耐えられないことがあるんです。

なので、風の強い日にはキャンプを中断すること。これは重要です。

個人的には風速10m以上いくようなときには中断すべきかと思います。

楽しくキャンプで過ごすためにも。

ガルボ会の様子

せっかく行くキャンプ。楽しく過ごしたいですよね。

嫌な思い出になる前に風が強ければキャンプを中断。風が出てきたらしっかりと対策をして楽しいキャンプを過ごしましょう!!

ではまた!

さくぽん
キャンプの大敵はマジで風ですね。風が強いと何をするにも労力を使いますし、物が壊れる危険性も高まります。。。風速10m超える時はキャンプ場に相談しましょう。