【レビュー】ピコグリル398は全てのソロキャンパーにオススメする軽量・コンパクトな焚き火台

薪の入れ過ぎに注意

ども、ガルボです。

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。あと気付いたらブログを寄稿していた。ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

しばらくキャンプ行けてないですねー。もう少ししたらミニマムな徒歩キャンプに挑戦する予定。

さて、今回はピコグリル398のレビュー。

スポンサーリンク

ピコグリル398

ピコグリルはスイスで設立されたSTC社製の焚き火台になります。

現在日本ではいくつかのサイトでしか取り扱いしていない人気の焚き火台です。

詳しく見ていきましょう!

ツーリングキャンプや徒歩キャンプにオススメできる軽量・コンパクトさ

ピコグリルの収納時はA4サイズ

この焚き火台の人気な理由は軽量でコンパクトなとこですね。

これは付属の袋に入れたところですが、重量が448gと軽量。収納時のサイズがA4より少し大きいぐらい。

ひらべったく収納できるので場所を取らなく、非常に軽いため持ち運びには非常に便利です。

ピコグリルはステンレスの土台と火床だけ。

袋から出すとステンレスの土台と火床が入ってます。

実際に組み立ててみましょう。

ピコグリルの組み立ては簡単です!

土台を開いて、火床を4箇所土台に引っかかるだけ。写真撮る必要もないくらいでした。

すげー簡単でしょ?

燃焼効率がよく頑丈で本格的な焚き火ができる。

軽くてコンパクトな焚き火台なら他にもたくさん有るますが、ピコグリルはひと味違います。

ピコグリルは40センチ近い薪でも焚き火出来ちゃう。

何と40センチ近い薪でも普通に焚き火出来ちゃいます。(火床展開時の長さは38.5cm)

ピコグリルはくの字になっているので燃焼効率がいい。

くの字の火床のため、燃焼効率がすごくいいです。

薪の置き方を考える必要もないので楽ですよ。

ピコグリルは頑丈なので薪をたくさん乗せても大丈夫

また、細いステンレスの土台だから強度とか安定感はどうなん?って思ってましたが、こんなに薪を乗せてもへっちゃら。

安定感もこの程度の薪なら問題ないです。

調理だって出来る。

今回は調理してないので写真がありませんが、ピコグリルはこの土台の上に網や五徳を置くことで直火調理することができます。

ピコグリル専用の串が別売りで650円であるのでそれを土台にも使ってもいいでしょう!

値段は?

値段が¥11,800と焚き火台にしては高めで、手に入りにくいです。

専用のサイトで購入出来ますが、在庫切れになっていることが多いです。

ピコグリル760というA3サイズのものもあり、そちらは¥17,500です。

デメリットは?

ピコグリルは熾火がたまりやすいので#時間に1回は灰捨てが必要。

3時間ほど焚き火をしましたが、最後こんなに熾火がたまってました。

現時点ではそれほど問題ないけど、これ以上たまると一度灰捨てをしないと焚き火出来ないです。

それと火床からはみ出した燃えてる薪が地面に落ちやすいです。

なので気をつけて焚き火しないと地面へのダメージがあるかもしれないと感じました。

まとめ

ピコグリルは軽量・コンパクトで本格的な焚き火と調理ができる最高の焚き火台ですね。

個人的に、サイズ感と地面から距離が近いとこから、1〜2人で地べたスタイルで使用することをオススメします!

気になる方は是非チェックしてみて下さい!!

ではまた。

さくぽん
うおー!ついにガルボがこれを買ったか!何年か前にこいしゆうかさんが北海道で使ってたのを見て、気になってました。超軽量。いいなー!
スイス製の軽量焚火台、picogrill398(ピコグリル398) 重量は398gと軽く、組立も簡単です。

コメント

  1. BBB より:

    おおっ!気になるけど高いやら在庫無いやらで二の足を踏み踏んでるピコグリル!
    なるほど、こういうデメリットあるのか…

    参考になります!

  2. クロノア より:

    薪がそのまま乗せられるのは良いですね。
    自分はエンバーリットの焚き火台を使ってますがもう少し大きいのが欲しいと思ってたところでした。
    検討してみます。

  3. ガルボ より:

    BBBさん

    これ気になりますよね!
    今ならまだ在庫あるはずなのでお早めに!

  4. ガルボ より:

    クロノアさん

    分かってらっしゃる。薪をそのまま乗せられるコンパクトな焚き火台ってないんですよね。

    ぜひぜひ、検討してみてください!