超汚かった・・・NZで3ヶ月使い倒した寝袋を自分で洗ってみた。

ども、さくぽんです。

さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
4ヶ月間のニュージーランド滞在から帰国。次は台湾へ行く予定。

池袋にあるタイムズスパ「レスタ」という所で一日中風呂入るのが僕のリフレッシュ方法の1つです。そろそろ普通に彼女とかとデートしてリフレッシュしたいっすね!

さて、今回は寝袋を自分で洗ってみたという話です。

スポンサーリンク

NZで毎日使ってた寝袋を洗ったよ!

さくぽん愛用のNANGAのダウンシュラフ。旅の2年目の始まりから使っているので、気づけばほぼ2年弱使ってる計算になります。キャンプの時はもちろん、自宅にいる時以外で誰かの家に泊まったりする時も寝袋派なので、総使用回数は300回をゆうに超えているかと思います。

そんなダウンシュラフ。ニュージーランドで3ヶ月、メンテナンスできない状態でフル稼働してもらったので、自分の手で洗うことにしました。

今回の洗剤はこれ!

モンベルで売ってた洗剤を使います。ついでにソフトシェル(山用アウター)も洗おうと思ったので、それ用の洗剤も買いました。ダウン用が200mlで700円、衣類用が400mlで1,000円です。

前回も自宅で洗ったのですが、その時は

これを使いました。せっかくなので違うものをチョイス。

関連記事:【寝袋のメンテナンス】ダウンシュラフを家で洗ってみた。

オリジナルキャンプブランド

想像以上に汚かった・・・

お風呂の浴槽に寝袋を入れます。そこにぬるま湯を投入。38度でした。

っで、洗剤を投入。75ml。空気が含まれてますので、なかなか沈みませんが根気強く手でもみ洗いしたり、足で踏んでみてください。

いやー、超汚い。

特に顔周りと、足周辺が汚れてるっぽかったです。表面だけじゃなくて裏返して洗ったほうがいいです。

ギュウって手でもみこんだら茶色い液体が出てきました・・・マジでかなり汚かったんだな。

っで、一通りもみ洗いをしたらすすぎます。水がキレイになるまですすぐ感じです。ボクは4度ほど繰り返しました。

ここでしっかりすすがないとシュラフの生地やダウンに洗剤が残ってしまって性能が落ちますので!

一緒にソフトシェルも洗ったよ!

同じ要領でソフトシェルという山用のアウターを洗いました。

キャップ2杯分という少量です。

こっちも超汚かった・・・。そりゃそうだよな・・・山登ってる時以外も寒さ対策で結構着てたし・・・。

シュラフ同様にしっかりすすぎましょう。洗剤を残さないように!

っで、その後は洗濯機で脱水をします。表記は4分になってますが、9分やりました。

っで、干すだけです。

本当は平らな場所で干したほうがいい(中のダウンが偏ってします)のですが、ベランダではそれができないのでこのような形に。

ちょっとわかりにくいですが、親指の爪先で丸くなっているのが中のダウンです。

1時間に1回くらい様子みつつ、中のダウンの偏りをほぐしたりしながら、しっかりと乾くようにします。

本当は陰干しがいい&低温の乾燥機を使った方がいいそうですが、我が家にそんなものはないので、これで対応します。

ちゃんとメンテナンスすれば長く使える

ってな感じのメンテナンスでした。

ちょうど一年くらい前にも寝袋を洗ったブログ記事を投稿しましたが、ちゃんとメンテナンスをしたらしっかり使えると思います。

僕のこの寝袋はざっくり5度くらいまでが使用限度で、それを下回るとチャックのところから寒さが入ってきて苦しくなります。

それは買った当初から変わらないので、たぶんメンテナンス次第なのかなーっと。

ヤマケンのNANGAダウンシュラフは性能落ちたって言ってるけど・・・僕のは全然問題ないっす。ヤマケンさん、ちゃんとメンテナンスしてる?(笑)

ヤマケン
メンテンスが適当だと性能が落ちるいい例ですよ。

ただ、やたらと羽が抜けまくってるんすよねー・・・

っで、このメンテナンスすら面倒くさいという人は、洗濯機で洗える化繊のシュラフもありますので、そちらの購入をオススメします!僕らも実際に購入したものが1個ありますので、後ほどレビューしますね。

皆さんのシュラフも、長く使ってるのならば一度メンテナンスをしてみるのもいいかもしれませんよ?!

今回紹介したアイテム

<ダウンクリーナー>

<ベースクリーナー>