【冬キャンプは貼るホッカイロ】貼るホッカイロをたった2つ使うだけで快適に眠る方法

どもども、ヤマケンです。

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%83%b3
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ:アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
2017年の抱負はAllways be positive, Getting back the widerness.
安定した将来なんていらない。夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

今年はモノづくりの年になりそうな予感が勝手にしてます。

Baltic Amberとのコラボテント、tetoのKOKAZEケースとアームレストケースウチのステッカーに、有野実苑のKOKAZE Product達・・・・

・・・ステッカー以外作ってるの俺じゃないじゃない・・・

さて、今回は電源無しで冬キャンプで寝るための方法のひとつ。

スポンサーリンク

冬キャンプで寝る時にキツイのは下半身の寒さ

冬キャンプはあらゆるものが凍る寒さです。

冬キャンプはあらゆるものが凍る寒さです。

冬キャンプで、電源なしで寝る時に一番きついのは下半身が寒いということです。

昨年2月の九州旅や先日のガルボ会、毎週土曜日の宿直業務を通して、足先と膝が寒すぎて眠れないことがわかりました。

上半身はなんぼでも着込めばいいですが、それに対して下半身ってあんまり着込めないと思います。ダウンパンツでもあればいいですが、着込んでタイツの2重履きくらいです。だから、足の冷えによって、快適な睡眠が遠のきます。

電源サイトを使えれば、電気毛布で背中を暖めることで余裕で眠れますが、電源なしのときがつらい。

そんな時に使える手段は、貼るホッカイロです。

寝袋に貼るホッカイロを2つ貼るだけで眠れることが判明

先日のガルボ会で、電気毛布・ホットカーペットを持っていくのをすっかり忘れ、性能の低い寝袋を前に絶望していました。

そんな時にガルボがくれた2つの貼るホッカイロ。

たった2つの貼るホッカイロを寝袋のある場所に貼るだけで人間、眠れることがわかりました。

寝袋の足元に貼る

冬キャンプには貼るホッカイロ

貼る場所の一つ目は、寝袋の中の足元です。

丁度指先が当たる、足元上部に貼っておくと良いです。

自宅とかでもそうかもしれませんが、足先が冷えてるといつまで立っても眠れないですよね。

なので、足の指先にホッカイロが触れるように貼っておきます。

寝袋の膝の辺りに貼る

冬キャンプには貼るホッカイロ

残りの一箇所は、寝袋の膝のあたりに貼ります。

性能が低い寝袋で寝ていると、上半身は着込めばいいですが、下半身には限界があります。

で、膝が寒くて眠れません。

なので、膝の辺りにホッカイロを貼っておくとかなり快適。

結果的に暑すぎて目が覚めた。

通常、快適使用温度10℃の寝袋を2つ重ねても、5℃を着ると膝が寒くて眠れません。なので、下半身タイツ2重履き、上半身はヒートテック二重、フリース、ソフトシェルと万全の状態で寝ました。これでも普通だと寒いくらい。

が、今回ホッカイロを貼った結果、氷点下5℃位の中で暑すぎて目が覚めました。逆に快眠できなかった。

それくらい足先と膝上のホッカイロは非常に効果的なことがわかりましたね。朝まで暖かいままでした。

足先は湯たんぽでも代用できます。

ということでざっくりした記事でしたが、冬キャンプで寝袋の性能が信用出来ない方は是非貼るホッカイロを貼ってみてください。

マジで全然違うから!!

さくぽん
ホッカイロはかなり有効ですよね。去年、九州旅で使いまくりました。首元も温められると幸せになります。
ガルボ
ほんと貼るホッカイロは有能!

いくつか持っていけば雪中タープ泊でも耐えられると信じています笑