【レビュー】TEVA ARROWOOD EVO WP は今のところ雨の中でもハードに使える、アウトドアにオススメのシューズ

TEVA ARROWOOD EVO WP

どもども、色んな意味でタイミングが合わず、全然彼女出来る気配がない。

あ。ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

今3連休前にこの記事を書いてまして、流石に今週末は4週連続雨じゃなかったよね?晴れたよね?雨だったら悲しみ。

さて、今回もレビューですが、テバのアウトドアシーンで使えるシューズについて。

スポンサーリンク

TEVA ARROWOOD EVO WPを1週間雨の中履き倒してやった

これまでKEENのブーツを旅の2年目はほぼ毎日、3年目は半年履き続けていました。

が、流石にボロボロになってしまい、タフに履けるアウトドアシューズを探していました。

あ。ちなみにKEENのブーツはかなりハードに履いていても大丈夫だった上に価格もブーツにしては安いので私オススメしております。

そこで購入したのが、TEVA(テバ)の ARROWOOD EVOというシューズ。

最近InstagramとTwitterでかなり広告出てるっぽいやつです。

見た目がシュッとしてて、色味も落ち着いててカッコよかったのと、何より防水性を持ったシューズということでかなり期待大で購入。

1週間程度雨が続いていたので、キャンプ場業務で結構ハードに履き倒してみました。

ARROWOOD EVO WPの良い点1 防水性能高し

アッパー(靴の広い甲の部分)に化繊のツルンとした素材を使っていて、つま先などはゴム的な素材です。

僕この手の素材の防水性ってあんまり信用してなかったんですが、結構すごいです。

履いて初日から3日程度は、新品なので撥水もするし全然余裕でした。

4日日以降は撥水が取れはじめ、靴の中に染み込むかなと思いましたが、普通に大丈夫でした。ヤフー天気で現在35mm/hと表示が出ている中で30分ほど屋外作業をしたり、水たまりに足を突っ込んだりもしてましたが、それでも浸水せず。

なので、購入後2週間履き続けていますが、今のところ防水性能は凄く良いと思います。

オリジナルキャンプブランド

ARROWOOD EVO WPの良い点2 超軽い

もう一つの利点は、かなり軽いということです。

防水処理されたシューズって結構重いことがあるんですが、このARROWOOD EVO WP はめちゃくちゃ軽いです。普通のタウン用スニーカー等とくらべてもかなり軽い。

低山ハイクくらいならローカットでも十分行けるので、今度これで筑波山登ってこようと思います。こういう身体を使うアクティビティ程、シューズの重さは地味にダメージくるので早く試したい。

ARROWOOD EVO WPの良い点3 なんかめちゃくちゃ安かった

なんかめちゃくちゃ安かったんですよね。

ちょうどAmazonの期間限定のクーポンがあり、7,000円台で購入しました。クーポンが無くても9,000円台で購入できたっぽくて謎のコスパを発揮します。

ただ、Amazonだとサイズによって値段が変わっていて、僕が購入した28cmがくっそ安かったです。

※サイズについて 通常より1サイズアップがちょうどいいかも

靴のサイズについてですが、通常履いているシューズよりも1サイズアップが丁度良いかもしれません。僕は27cmを普段履いていますが、今回は28cmを買ってちょうどピッタリ。

テバの商品は甲が細めに出来ているらしいので、甲が広めの方は1サイズアップ位を目安にすると良いと思います。僕は甲広めで、登山ブーツがことごとく合わない男です。

ARROWOOD EVO WPの良くない点 完全に足にフィットしない

これはスリッポン(紐がない靴)全般に言えることですが、紐のある靴の様に甲の部分を締めたり出来ないので完全にフィットさせることが出来ません。

ベルクロで足首を固定することは出来ますし、そもそもがギュッと絞ったような履き心地なので気にならないと言えば気になりません。

が、靴の中で足の指が動いちゃうのでハードな動きは向いてないかも。今度山登って確かめてきます。

ARROWOOD EVO WPの良くない点 履きにくい

スリッポンの1番の利点は履きやすく脱ぎやすい点なんですが、これ若干面倒くさいですね。いちいちしゃがまないと履けません。

シューズの入り口が結構絞ってあるので仕方ないんですが、履くときには靴の入り口にある耳を指で引っ張って履く必要があります。

まぁ大した問題っちゃ問題なんですが、キャンプの夜にトイレに行く時めちゃくちゃ面倒くさいです。こっちはトイレに行きたくてしょうがないのに、いちいち靴を綺麗に履かないといけないので。これは非常に微妙でした。

ARROWOOD EVO WPの良くない点 化繊だから火の粉が怖い

これは先日ふもとっぱらでキャンプをした時に気づいたんですが、焚き火をしてる時、火の粉が怖いですね。

化繊素材で出来ているのと、なんかその中でも熱に弱そうな素材で出来ている感じです。

なので、キャンプシーンでは別のシューズを準備したほうが良いかも・・・なんて思いました。僕は気にせず履きますが。


以上、ARROWOOD EVO WPを2週間それなりにハードに履いてみての感想でした。

デザインもシンプルなのでどんな格好にもあいます。なのでタウンでも十分履けるシューズですね。

キャンプシーンだと、夜のトイレとか焚き火の火の粉が怖いとかあるので、ちょっと微妙かもです。が、軽さと防水性は非常に魅力ですね。屋外でガンガン行動する人にはオススメします。

さくぽん
これが7,000円台で買えたのは脅威の安さかと。街中でも履けるし、俺も欲しいなー。。。

今回紹介したキャンプ道具