【忘れなければ随時更新】男前グリルプレートを200%楽しむためのキャンプ飯レシピまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
BBQ・料理関連

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア"笑顔"クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

先日、一発屋芸人列伝という髭男爵の山田ルイ53世著書を一気読みしてしまった。一発屋と呼ばれた芸人さんの今の芸をすごく見たくなりました。そして、髭男爵のエピソードが最後に入っているんですが、勝手に感情移入してしまって死ぬかと思った。

さて、今回はヤマケン大好き男前グリルプレートを使ったレシピの紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男前グリルプレートのおすすめレシピ・使い方

先月くらいに購入したテンマクデザインの男前グリルプレートですが、キャンプに行けない代わりに自宅で使いまくっていたら楽しくてしょうがない。

この1週間、毎日朝も晩も使っていて、なんでも出来そうなので、随時試したレシピを載せていきます。

ではスタート。

とりあえず岩塩かけて焼いて、黒胡椒レモン


書くまでも無いですが、基本のレシピはこれですよね。

ただ岩塩をかけて焼く。

クレイジーソルトなどのハーブソルトをかけてもいいですが、個人的におすすめしたいのがレモン汁に黒胡椒を大量に入れた黒胡椒レモンにつけて食べること。

脂の多い肉ならなおさらとにかくさっぱり食べられるので、「最近肉がきつくて・・・」という人でも結構パクつけます。

スーパーの惣菜焼き鳥を温める


もはやレシピなの?と思うかもしれませんが、実はこれ地味にすごいです。

キャンプで焼き鳥食べたいけど、肉を自分でカットして串打ちをして・・・・というのが面倒くさい。

だったらスーパーの惣菜焼き鳥を炭火で温めれば・・・と思ってやると焦げたり、串の部分が燃えてもはや焼き鳥感が無くなる、なんてことがあります。

が、この男前グリルプレートでは惣菜焼き鳥が焦げずに、串も燃えず、でもしっかりと焼き目がついて中まで火が通るんです。

これは波状の鉄板がいい仕事をしていると思う。

しかも、プレートの蓄熱性が高いので、バーナーの火を消したあとも30分くらいは焼き鳥の温かさをキープ。ダラダラ飲みながら焼き鳥を食べることが可能です。

どうせだったらすべての焼き鳥屋がこのスタイルで提供してくれればいいのに。

フランスパン(バゲット)を焼いてワカモレディップ

この男前グリルプレート、パンも華麗に焼けます。

表面カリカリで、中はふわっと(気持ち)。

おすすめは、フランスパンをカリカリに焼いてアボカドディップをのせる。

アボカドディップは、クリームチーズがあると一番簡単ですが、カマンベールチーズだったら少し火を通してトロトロにしてアボカドと混ぜ合わせると良いです。

あとはレモン汁と黒胡椒、岩塩を入れて混ぜ合わせ、男前グリルでカリカリになったパンに乗せるだけ。

超幸せ。

しかも厚揚げも焼ける・・・・

しかもも何も無いんですが、厚揚げも焼けます。

これが鉄板の波のおかげかカリッカリに焼けるんですよね。

で、白だしか麺つゆにたっぷりつけて食べる。もう、ただそれだけ。

刻んだネギや鰹節があるとなお良いですが、このカリカリは男前グリルプレートだからこそなので、別に無くても美味しいです。

セブンの金のハンバーグ

私、キャンプでハンバーグすごく食べたいんですが、普通に作ったら火が通りにくいので食中毒が少し気になって出来てません。あとは単純にめんどくさい。

だったらセブンの金のハンバーグを食べようと思って試したら出来た、男前グリルプレート。

そのままでやると、中まで温まる前にハンバーグソースが焦げ付いちゃいます。

なので、アルミホイルをで箱を作り、中にクッキングシートを敷き、そこで焼きます。更に上にアルミホイルで蓋をすることでびっくりするくらいふっくら!!

焼き目もしっかりついて、食欲のそそる見た目に。

香ばしさが出るので、レンチンで食べるよりもめちゃくちゃ上手くなります。

焼き鮭と目玉焼き


僕、いつも朝ごはんはレトルトカレーで済ませているんですが、どうしても焼き鮭と目玉焼きが食べたくなったんですよね。

で、男前グリルプレートで試してみました。

焼き鮭は、クッキングシートの上にレモン汁を垂らして、その上に鮭を。これも表面こんがり、中しっとり。

焼き鮭をそのまま焼いてみたら、焦げ付いちゃってガシャガシャに。僕らのブランドの商品を作ってくれるみきちゃん(料理教室の講師の資格持ち)に相談したところ、「レモン汁かなにかをつけると焦げ付かないとか言っていた気がしないでもない」とのことで、試したらそのとおりでした。

目玉焼きはクッキングシートに脂を敷いてそのまま焼いただけ。ポイントは白身が固まったら火を消すこと。焦げ付かず、でもちゃんと半熟になりました。

ハンバーグ同様、アルミホイルで箱を作ってあげたほうが良いかも。下手すると白身がでろーんってプレートから落ちることも有りうる。

缶詰を使ったサバディップ

出来上がるまで時間かかったのと、流石にここまでしなくても・・・?とも思ったものの、結果的に男前グリルプレートと缶詰の相性がすごく良いことを思い知りました。

サバ缶を載せて温めます。その間、普通に焼き物を焼いてつまみにしておくと良いです。一挙両得。

サバ缶が温まったら身を崩して、大量のレモン汁と黒胡椒を入れます。アボカド同様フランスパンなどを焼いてディップしていきましょう。

焼き鳥同様、蓄熱性が高いおかげでディップが冷めずに長いこと楽しめる。缶詰をキャンプで食べたい時はこの使い方、地味に理にかなっております。

イワシの丸干しもこんがり焼ける

そしてイワシの丸干。これもこんがりジュワッと焼けます。

頭までカリカリに火が通るので、頭からかぶりついてほしい。

そして飲むお酒は、米焼酎七田。「あれこれ日本酒?」って思うほど、日本酒のような旨さ。丸干しの塩気にロックの七田でキリッといくと幸せになれます。

カリカリの焼きおにぎりをお茶漬けに

キャンプの締めにどうしても食べてほしいのが、このカリッカリに焼いたコンビニおにぎりを贅沢にもお茶漬けにしてしまうもの。

コンビニのおにぎりって、米の水分が少ない(?)ので、焼きおにぎりにするのが向いてるんですよ。

鉄板から煙が出るくらい熱したところに、おにぎりを置きそのまま焼く。頃合いを見て裏返し、そのまま立たせてすべての面を焼く。

そうしてカリカリにしあげた焼きおにぎりを、まさかのお茶漬けに。

「いやいや。普通にそのまま食ったほうがええやんけ!」そう思うでしょう。そう思うならもうそれで良いんじゃない?

ただね。香ばしい香りとカリカリとした食感が残るお茶漬け。どう思う?

 

・・・・・・・

 

以上、男前グリルプレートを使ったおすすめのキャンプ飯レシピでした。

忘れなければ随時更新していきます。

ぶっちゃけ、買う前は「別にスキレットでもよくね?」とか思ってました。正直スキレットで代替可能ですし。

実際、焼く工程もそうだし、ハンバーグの焼き方とかもはやそこまでやるの?って我ながら思わないでもないです。。

ただね、やってみるとわかる。その楽しさがたまらないのと、実際に美味しく焼き上がるんですよねー。

2018年6月現在、在庫切れで次回入荷7月らしいです。大人気。多分現時点でここまで男前グリルプレートを満喫しているのは僕くらいなのでは?

ほんと、まじでおすすめです。

この記事を書いた人

山口健壱:1989年4月5日生まれ
アウトドアからみんなを笑顔にしたくて、顔面張ってます。
自分に酔っているのでエモい記事が得意。

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
BBQ・料理関連キャンプ用品レビューキャンプ飯レシピ
シェアしてくれると凄く喜びますのでお願いします!
住所不定キャンパーがお送りするキャンプ初心者の為の入門ブログ CAMP IN JAPAN!!

みんなのコメント!

  1. じょに より:

    ヤマケン
    さすがいろいろやってるね!
    ハンバーグとクッキングシート使う所はナイスゥーですな!
    あとレモン汁の話、勉強なりますわー
    クッキングシート使ったらお好み焼きなんかもいいかもね

  2. RED より:

    ちょっ!
    ホント、物欲でオレを殺す気か!?
    ※まぁ、男前グリルプレートだったら、そんなに高くないけども、
    いや、でも、少額でも家計が、、我慢。。。

    在庫切れなのは、ヤマケンレビューのせいなんじゃないの!?

    ってか、そのサヴァ缶!
    何気に今、大人気なやつじゃないのーーー!
    確か味が3種あったよね。
    スーパー探しまくってるんだけど無いんですけど。
    ネットで買うしかないのかな?
    どーやって入手したのか是非、教えてください。
    宜しくお願い申し上げますm(__)m

  3. ヤマケン より:

    じょに

    いろいろやってるでしょ!!
    ただね、クッキングシート使うとレモン汁いらなかった笑
    お好み焼きは一捻りいれてためすつもりだぜ!

  4. ヤマケン より:

    RED

    まぁ幸か不幸か、在庫切れみたいなんだけどね!笑
    サヴァ缶、ウェルシアにアホほど積まれてたよ!
    イオン系列だから、おおきいイオンの店舗にあるのでは?

スポンサーリンク