硬い地面に深く刺さったペグを簡単に抜く方法。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン ヤマケン:アウトドア”笑顔”クリエイター
好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。ブログのシステムと顔面担当。キャンプ初心者に優しい世界になれば良いと思ってますが、旅3年目にして本格的に髪の毛を失った。

心が乱れている時ほどブログを書くと良い感じですね。癒やされます。

今回は、ペグが抜けないけど道具がない時の対処法について

スポンサーリンク

ペグが抜けないならペグを使えばいい

ペグが深く刺さってしまったり、地面が固くてペグがガンギマっちゃったって経験ありませんか。

スノーピークのすげぇハンマーみたいにハンマーの片側に杭抜きが付いているのであれば、その部分を使って簡単に引き抜く事が出来ます。

が、あれ格好良いけど普通に良い値段するんですよねー。

で、そういう物を持っていない人用の対処法ですが、誰もが持ってるペグでペグを抜いちゃえば良いんですよ。

手順

IMG_2160

余分に持ってるペグを写真のようにする。

IMG_2161

ねじってぐるぐる回す。

するする回るようになったらそのまま上に引っ張る

ただこれだけです。

大した事じゃないんですが、わざわざ道具を買わなくても簡単に抜けるわけです。

手も痛くなりませんしね。

あ。でも、プラスチック製のペグではこれが出来ないので悪しからず。回らねぇもんね。形状の問題上。

余談ですが、スノーピークのソリッドステーク等の鋳鉄製のペグが一番固く決まりやすいです。

細いアルミペグは多分これをやるまでもなくスルッと抜けると思います。

それぐらいアルミの細いペグは心許ないです。


以上、ペグが固くて抜けない!って時の対処法です。

キャンプを重ねてけば自ずと皆さんやるようになるだろうけどねー

余談だけど、ペグが固くガンギまるって事はそれだけ風に対する抵抗が強くなりますので、面倒だけど固く決まる鋳鉄製のペグが太いとかそういうペグを選んで欲しい今日このごろ。

◀関連記事▶

【キャンプ初心者向け】固定力が高いペグの形状ってどういうやつ??

コメント

  1. タケナカ より:

    丁寧な説明ありがとうございます。良い物は良い、悪い物はダメといった直球姿勢、好感を持って毎日拝見させていただいており、つい勢い余って余計なこと言ってしまったこと、申し訳ありません。私に取って目からウロコの記事もあり、応援してます。
    追 以前紹介されたユニフレのソラが気になっていたところ、本日、カタ落ちしたユニツアー3を衝動買いしてしまいました。

  2. camp-in-japan より:

    タケナカさん

    いつもありがとうございます!
    いや・・・本当に力が至らぬばかりですみませぬ。
    でも、細かいレビューをするってのは最近抜けていた部分だったのをお陰様で気づかせて頂きました!
    ありがとうございます!

    ソラシリーズが廃盤になったことが悲しくてしょうが無いんですが、まじですか!
    早速張ったら使用感を聞きたい!絶対夜が楽しいと思うんだ!!
    あれ、本当に良いテントやと思うんだけどなぁ・・・