【初心者向け】寒い時期のキャンプにオススメなテントの種類を紹介します。

どもども、ガルボです。

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。あと気付いたらブログを寄稿していた。ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

そろそろ薪ストーブ出したくなりましたね。早く冬キャンプしたい。

さて、今回は寒い時期のキャンプにオススメなテントの種類を紹介。

スポンサーリンク

寒い時期って何か変わるの?

寒い時期のキャンプと、それ以外のキャンプの違いについて

寒い時期だと日中は遊んだり出かけたりと外にいたりしても耐え切れる寒さだと思います。

一番辛いのが夕方〜寝る前、朝〜撤収の時間帯です。

気温が下がることもありますが、この時間帯はみんなが静かに過ごすので外で遊んだりということはないです。

そんな時は騒がずにいなければなりません。そんな時のオススメなテントの種類はこちら。

リビングと寝室が共有できるテント(シェルター)

2ルームテントやシェルターは寒い時期のキャンプにオススメ

寝室からリビングへと移動する時にも外に出なくて済む。すごく楽ですね。

さすがにトイレに行く時は外に出なければなりませんが..

値段は結構しますがやはりそれだけ快適です。

オリジナルキャンプブランド

具体的にどんな種類なの?

主に2つあります。

①ツールームテント

寒い時期のキャンプと言えば2ルームテント

こちらの写真はキャンパルジャパンのシュナーベル5。今やいろんなメーカーから数多くのツールームが出ていますね。

サイズや見た目などものによって違いもあるのでしっかり自分の用途に合ったものを選びましょう。

②ティピーテント(モノポールテント、ベルテント)

居住性の高いテントも寒い時期には活躍します。

こちらは、ヤマケン・さくぽんの所有するノルディスクのベルテント。見た目だけでなく中も広々。この中で寝室兼リビングとして使います。

おしゃれですごくいいですね!

スクリーンタープは夏場以外にも寒い時期のキャンプでも大活躍

この他に、スクリーンタープもオススメ。寝室兼リビングとするのには少し狭いのですが2.3人までならなんとかいけます。

そして、コットン混紡のテントもオススメ。テントの結露がほぼないんです。

全てのテントに共通して地面との隙間がない、スカートの付いているテントがオススメになります。隙間があると風が入って寒いですからね。

注意点

薪ストーブを使ったキャンプ

先ほど言いましたが、高価なものなので自分の用途に合ったものを購入してください。一度失敗するとなかなか購入できないです。

あと、冬キャンプにはどうしても暖房が気になりますが、ほぼ全てのテント内での火器厳禁となっています。

※スノーピークで一部スノーピーク製の石油ストーブを入れてもいいシェルターがあります。

なので、バーナーやLEDランタン以外のランタンなどの使用は絶対にしてはいけません。

ただ、薪ストーブや石油ストーブはテント内に入れている人もいます。こちらもテント内で使用してはいけないものになってます。

もし、使用したいならばしっかりとした知識と道具を揃えて自己責任の上で実施して下さい。

こんな感じでしょうか?秋冬キャンプしてみたい方!ぜひツールームテント、ティピーテントの購入を検討してみてはいかがですか?

さくぽん
機能性を考えるならばツールームがいい気がしますけどね、、、いかんせん高いし、濡れた時の乾燥が大変。

そして、冬キャンプは危険が伴いますのでちゃんと事前に色々と調べる、もしくは経験者と一緒にやりましょう!

ヤマケン
しっかりとした事前知識と注意力が大事になります。僕らのブログでも薪ストーブをテントの中で使う方法を載せていますが、あくまで自己責任になります。しっかりと確認・注意をしましょう。

コメント

  1. drydog より:

    秋キャンプに備えてリップツールームドームにスカートをはかせる準備中です。
    脱着可能にすればいろんなシーズンに使えるようになりますしね

  2. ガルボ より:

    DD選手

    スカート自作とはさすがです。秋シーズンもキャンプ楽しみましょう!

  3. drydog より:

    100均グッズによる雑パーツ追加なので見た目はチープになりますがw
    今朝も冷え込みましたし、これからは寒さ対策ガチモードですね

  4. ガルボ より:

    DD選手

    まぁ自分がよければそれでいいじゃないですか!
    寒さはこれからですね。11月あたりからかなり下がってきますよね。