アウトドア・キャンプ道具が高いって?!なんで高いのか、僕なりに考えてみた。

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。

今日は土曜日。フィリピンでは300円ちょっとで本格的なタイマッサージが1時間受けられるので、それ目当てにここに移住したいレベルです。

さて、今回はキャンプ道具についての考察を。商品のレビューとかではないですし、キャンプのテクニックでもなんでもないのですがお時間ある方はお付き合いくださいませ!

スポンサーリンク

キャンプ道具って高いよね・・・なんで?!

キャンプ道具

ガルボ会での1枚

先日、キャンプ道具の値段がネックでキャンプに手が出ない・・・という方の背中を全力で押すブログを書きましたが

参考:【これから始める人へ】キャンプ道具の購入を迷ってる?!キャンプでの経験はお金では買えませんよ!

なんでそもそもそんなに高いのかを考えてみました。完全に私見なので正しいかどうかはわかりませんが、一応元メーカー勤務の会社員でしたのでその経験も踏まえてお伝えしていきます。

高いのは・・・ブランドだから?!

image

高いキャンプ道具の代名詞的な感じになりつつあるスノーピークですが、なんでそんなに高いのでしょうか。

それはスノーピークがブランド戦略を採っているからというのももちろんあるのですが、それだけではないとも思うんです。

そういえば、フィリピンで知り合った韓国人の人も「スノーピークは高くて買えないよ!」って言ってました。韓国でも高値のようです。

オリジナルキャンプブランド

僕らの安全を考えた、研究開発費が含まれているから

P7032578

僕が愛用しているMSRですが、ハッキリ言って高いです。超高い。1人用テントなのに5万円超えるとかどういうことなのか疑いたくなります。

っで、時々Amazonを覗いていると明らかにMSRを真似して作ったであろうテントが半値以下で販売されている時があります。

もちろん完全に同スペックではないと思いますが、MSRブランドがあるかないかでこれほどまでに値段が変わるのか!っと驚かされますよね。

でも、ふっと思ったんですよ。MSRとかって相当研究して商品作ってるよなーって。

研究費って?

img_8275

特に山系の道具とかって、命に関わりますよね。山の中で縦走中にテントが壊れたり、バーナーが壊れてしまったらそれはもう本当に死活問題。

そうならないために、彼らメーカーさんは色々と研究を積み重ねているはずで、その開発費が商品代金に含まれているのは、まぁある程度は仕方がないことなんですよね。

広告宣伝費も含まれてます。

IMG_3651

商品の価格には、研究開発費の他に広告宣伝費なんかも含まれています。この辺はメーカーに勤めている人は詳しいはず。僕も会社員時代に勉強させて頂きました。

なので、単純に広告をしている有名企業だから。っで、商品を買うよりも、あんまり知られてないけど、いいよね。っていうようなメーカーさんが売れているのも一理あるのです。

ユニフレームが人気なのはこの要因も少なからずあると思います。ユニフレームは会社の規模こそ、それほど大きくないですが派手に宣伝をするわけでもないので、質実剛健なものづくりですよね。

パチモンが安いのはざっくりとこれらの費用がないから!

S__4816902

ハッキリとパチモンと言うと誰かに怒られそうですが、世に出回っている怪しげな商品はざっくりとこの広告宣伝費と研究開発費がないので安いです。

買ってきて、よく見て、似たようなものを作る。うん、これなら安く作れますよね。

今、ちょっと気になってスノーピークの決算書とかを見てたんですけど、商品の粗利率(利益率的なもの)が48%でマジビビりました。いくらなんでもその粗利率高すぎでしょ!

っけど、スノーピーカーの人は、高いのも知ってて買ってますし、それを持っているという所有欲的なのも満たされるので、それはそれでブランド戦略の勝利なんだと思います。

あなたはなぜ、それを買う?!

ここまでなんか合っているんだか、合ってないんだかよくわからないことをツラツラと喋ってきてしまいましたが

要するにあなたは何を考えて買いますか?!ってことです。

僕はここ最近、商品そのものだけじゃなくて、企業全体を見てモノを買うようになりました。なので、極力パチモンは買わないようにしてます。

キャンプ道具だけじゃなくて、アウトドアウェアも相当に高いですが、企業姿勢が好きなので無駄にパタゴニアを買ったりもします。お金そんなにないのに。

アウトドアって自然の中での遊びなので、当然危険も伴いますが、それもまた楽しみの1つなのかもしれないと思い始めた今日このごろです。

そんな遊びを全力で支援してくれるアウトドアメーカーさんの商品、多少高くても貴重な経験ができるはず!

広告宣伝費とか、研究開発費とか正直いって直接僕らの行動に直結するかというとそうではないですけど

そんなことがあることも知りつつ、アウトドア・自然を楽しむ人が増えるといいなーと思います!

以上、フィリピンから無駄に語りました!こちらからは以上です!

コメント

  1. Kohta より:

    メーカーの粗利で48%って普通じゃない?
    むしろブランドなのにそれって低いよね

  2. さくぽん より:

    Kohtaさん
    普通ですかねー?!そうだとするとスノーピークは値段相応ってことですね!

  3. ビッグ より:

    難しい問題ですね。私も色々買いたいものはあるけど、コストの関係で買えないものいっぱいですもん⤵︎
    せっかくだから良いもの買いたいけど、安く済ませようか悩むジレンマの日々笑

  4. さくぽん より:

    そうなんですよねー。まぁ無理のない程度で、好きなブランドは応援する気持ちで買うのもありですね!

  5. 北さん より:

    キャンプ用品って本当に難しいですよね。
    天候次第で必要か不必要かすら変わる。

    ただ、便利で安いだけに傾倒すれば食品じゃないけど、今のスーパーみたいに美味しさを犠牲にしたり生産者を犠牲にして、結局供給不足に。

    開発力って確かに良い目の付け所ですね。

  6. さくぽん より:

    難しいですよねー。天気の良い日しかキャンプしないんだったら、高性能な製品って実はいらないですしね。
    生産者の人のことも考えて、モノを買いたいですなーーー

  7. ブランド関係なく良いもの買いたい より:

    広告費にお金使っている商品より 使いやすいように開発費にお金使っている商品を買いたいな。
    だからなのか ブランド戦略にお金を注いでいるスノーピークより何気に便利なのを作っているユニフレームのほうが自分は好きだな

  8. さくぽん より:

    ブランド関係なく良いもの買いたいさん
    そうですよね!僕も、便利なものを適切な値段で売ってくれるユニフレームさんはいいと思います!
    開発費って概念がもっと知られるとその辺変わるかもしれませんね!