家族をキャンプに連れ出す方法 〜キャンプ道具購入編 後編〜

お久しぶりです、とらぬ狸です。

tanuki
とらぬ狸:まだ若いつもりの40代にして、2児の父。
ファミリーキャンプ系の記事を担当。
独身時代は、バックパッキングや自転車旅行などアウトドアに熱中してました。
あと嫁があまり味噌汁を作ってくれない。

気温差が激しいですね、あっというまに秋の気温です。

日々の飲酒によるアルコール消毒のお陰なのかまったく風邪をひいておりません、まだやせてはいないが健康体です。

2016年10月現在、妻から愛せなくなったとは言われていません。よかった。

ヤマケン
そんな中、僕は4キロ落としましたが?
さくぽん
久しぶりの登場!ありがとうございます!

閑話休題。

スポンサーリンク

まずはテント。でもいきなり購入は難しいかも

いきなりテントを購入するのは二の足を踏んでしまいますよね。

前回の記事で、アウトドアショップに行き、キャンプに対するイメージUPは成功しました。

その流れでキャンプ場の予約をしてしまいたい所ですが、我が家にはテントがありません。

そこで必要な道具の購入を我が家の財務省である嫁へ購入をお願いしてみました。

とらぬ狸
今年の夏はキャンプ決まりだね!そうなればテント購入しなくちゃ!
狸嫁
いくらするのかしら?
とらぬ狸
そこの展示品に値段が書いてあるよ。
狸嫁
高いわ、高い!!12万円?とても買えないわ!

まずい、非常にマズいですこれ。

この流れは危険です、「高い→ 予算オーバー→ キャンプ辞める」となったら大変です!

また展示してあったスノーピークのツールームテントは高額商品、高けーよ、コレ(泣)

とらぬ狸
嫁ちゃん、これはベテランキャンパー対象の高額商品だからコレは我が家にはあわないよ(苦笑)入門用はコッチ。
狸嫁
よかったわ!こんな高いの買えない・・・でも4万円くらいなのね?少し高いわ。

キャンプ用品はやはり高額。だから初めはレンタルにしました

まずはレンタルでキャンプデビューしましょう。

これは厳しいコメントでした。

4万円と言えば、さくぽん、やまけんの二人が紹介している入門用のテントセットの相場。それを高いと言われると厳しい〜。

そこで考えました、頭フル回転させてその場でこう切り返したんです。

とらぬ狸
じゃあ、テントはK君から借りよう! もし借りれなかったらキャンプ場で大体一泊1000〜3000でレンタルしてるからそれを利用すればいいんだよ!
狸嫁
テントってキャンプ場でレンタルできるんだ?
とらぬ狸
そうそう!K君から借りれればそれでOK、駄目でもキャンプ場で借りちゃおう。まず、1回やってみて良かったら2回目のキャンプの時に購入しよう。
狸嫁
それがいいわ、そうしましょう!

ファミリーキャンプの道具を全て揃えるとかなり高額になります。

アウトドアショップ訪問でテンションが上がっているとはいえ、一般家庭のお財布事情を考えれば、一度に数万〜10万円の出費は正直難しいです。

少なくとも、とらぬ狸家では家族(嫁)の承諾は無理でした。

そこで、我が家は方向転換!

道具の購入をレンタルへ切り替えて、お金をかけずに楽しいファーストファミキャンを実現する事にして、2回目以降から道具は揃えていけば良いとしました。

とらぬ狸は独身時代、グループキャンプ用道具は幼なじみのK君と折半して購入していて、テント担当はK君でした。

帰宅後、数年振りにK君へ連絡を取り、テントと必要な道具を借りて道具の準備はOK!

持つべきものは友達ですね!

ヤマケン
僕とさくぽんも最初はキャンプ道具集めは折半してました。テントはさくぽん、僕はそれ以外のダッチオーブンとかタープみたいな感じで。
ガルボ
キャンプ道具は高額ですもんね。特にテントは..

初めて購入するのに高額なものを買って用途に合ってなかったり他にもっといいものがあったなーと思うくらいなら狸氏のようにレンタルや友人に借りるのが一番ですね!

さくぽん
ここがキャンプの1つのハードル。。。誰かと折半できるのはいいですよね。

ファミリーキャンプには、何がどれだけ必要なの?

ファミリーキャンプに必要なもの

ファミリーキャンプの「キャンプ道具は全部揃えると高額です」と聞きますが、そもそもなにをどれだけ揃えれば快適に過ごせるのか?

この話題は長くなるので、我が家の初ファミキャンで揃えた道具一覧は次回の記事で公開します。

次回、ついにキャンプ場の予約をします。

ヤマケン
今回もリアルなとらぬ狸氏によるファミリーキャンプの始め方講座。

独身だったらまだしも、家族がいると中々どうしてお金をキャンプに全振りするのも難しいですもんね。友人とシェアってのはいいアイディアですよね。

ガルボ
道具を見に行ってあーだこーだ言いながら購入していくのも楽しいのですが、まずは実際にキャンプをしてみて何が必要なのかを把握するのがいいですね。

その方がキャンプしたことない人でも楽しんでキャンプ道具を選ぶことができるはず!

さくぽん
一歩目はやっぱり経験者と行くのがいいのかなーっと。道具もある程度シェアできるし、やり方とかも勉強になるので!