快適な冬キャンプスタイルってどんなの?

どもども、ガルボです。

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。あと気付いたらブログを寄稿していた。ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

今年終わっちゃうよーあと1回ソロキャンプしたかったけど雨予報。。どうすっか。。

さて、今回は快適な冬キャンプスタイルについて

スポンサーリンク

冬キャンプスタイル

お座敷スタイルで簡易コタツ

私が思う冬キャンプで究極にリラックスできるキャンプスタイルを教えましょう。

それはツールームテントの中でホットカーペットを敷き、その上でお座敷スタイルで過ごす事。

もちろん、しっかりと手順を踏み薪ストーブや石油ストーブを中に入れる。(自己責任の上で)

これで、暖かく過ごせ好きな時に横になれる。ほんと最高。

とにかく暖かい

ツールームテント内に石油ストーブ

ツールームテント内に石油ストーブ

兎にも角にもこれ。

特に薪ストーブなんか入れとけば冬でも半袖で過ごせるほどの暖かさ。いや、むしろ暑いぐらい。

下にホットカーペットを敷いてるから地面からの冷気も全く問題ない。

こないだ記事にした簡易コタツなんか試してもいいかも。

一応ホットカーペットの下にはインフレータブルマットやウレタンマットなどを敷いておこう!

んで、酔っ払って油断して横になると睡魔が襲ってくるので注意ですな。

テントの中で何するの?

「え、これじゃ家にいた方がいいんじゃないの?」ってキャンプしない人は思うでしょう。

確かに家のが快適だけど、自然の中に快適な空間を作り出すってなんかいいんだよね。

寝袋にくるまってゲームするヤマケン

寝袋にくるまってゲームするヤマケン

ただテントの中で横になってゲームするだけでも、読書しても凝った料理作ってもいいし

焚き火

飽きたら外に出て散歩したり焚き火して過ごすのもいい。

わざわざキャンプ場に行ってまで不便を味わいにいくのもまた新鮮で楽しい。

そんなことが分かる方はどっぷり肩までキャンプ沼に浸かっているでしょう。

設営・撤収が面倒。

そんな快適な冬キャンプが出来るこの方法だけど、辛いのが設営と撤収。

薪ストーブや石油ストーブ、ホットカーペットやら夏のキャンプでは使わない道具も使うので普段のキャンプよりも手間がかかって大変。

キャンプ場だけじゃなくて車への積載も考えなきゃだし、燃料(薪・灯油等)も調達したりと準備するものはとても多い。片付けももちろん同様。

でも、そんな事してでも冬キャンプで快適に過ごすためにツールームテントに薪ストーブ入れてまったりしたいよねー。

分かってくれる人はきっといるはず!

知らなかった方も知っている方も快適な冬キャンプを楽しみましょう!

これがガルボの2016年最後の記事になります!

ではまた来年!!