【disるつもりは毛頭ないよ!!】ぶっちゃけ普通のキャンプで使うペグは20センチのもので十分説

キャンプで使うペグのお話

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

調子乗って悠々自適な独身生活を楽しみすぎて、いろんなものがどうにもならなくなりそうですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日はキャンプで使うペグの長さについてのお話。

あ。今回、読む人によっては「喧嘩売ってんの?」みたいな気持ちになるかもしれませんが、全くそんなつもりはないです。単純に疑問に思うことを書いてるので、悪しからず。

スポンサーリンク

ペグって20cmあれば十分じゃね?

ペグの長さについて

現在、色んなメーカーから実に沢山の種類とサイズのペグが販売されてますが、ことサイズに限って言えば20センチのペグだけで十分じゃね?という気分に最近なっています。

というのも以前、38cmの鍛造ペグを根本まで打ち込んでキャンプ場の水道管(塩ビ)をぶち抜いてしまった方をお見かけしました。

それ自体は色々仕方のないことだと思うんですが、改めて「そもそもペグの長さってどんなのがいいのかな」と考えた次第でございます。

最近流行ってるのか分かりませんが、結構長いペグを使われる方が多い気がしてます。

別に長いペグを使う事自体が悪いことじゃないですし、disるつもりもまったくないんですが、なんかこう皆使ってるけどなんでなんだろう。

長いのを打ち込むのも面倒くさいし、抜くのも大変だと思うけど、皆普通に凄いよね。

今のところ20cmで不都合を感じていない

ペグは20cmあれば十分

で、僕の結論が20cmあれば良くね?というものになりました。

というのもこれまで500泊とかしてんのかな?まぁ取り敢えず人生で2回分位キャンプしてますが、いまのところ20cmのサイズで不都合があったことがございません。

風が強い時とか地面が緩いとかだったら勿論長い方が抵抗力がかかるので、メリットは十分あります。

だけど、そもそも20cmのペグで対応できない風って感覚的な話ですが、10m越すようなそもそもキャンプしたら危険じゃね?っていうときくらいです。

地面が緩い時は、クロスペグとかダブルペグとかで20cmペグでも十分対応出来る事が多いです。

オリジナルキャンプブランド

重量とかも20cmと30cmオーバーのやつだと結構変わってくる

ペグはホームセンターに売っている工具箱を使うと格好良い。

材質とかでも変わりますが、長さが変わると当然重量も変わってきます。

「いやいや、たかだか数十g程度で何を言ってんだ」みたいに思うかもしれませんが、20本とか数が必要になるペグ。まとまると地味に重くなります。

オートキャンプが殆どだと思うので、大した話では無いだろうけど、そんなに長くなくてもいいんじゃねぇ?

まぁレジャーだし個人の自由だからなんでも良いんだけどね!!

と、ここまで書いてて思ったけど、まぁレジャーだし、どんなサイズ使ってもどんな種類使ったってなんでもいいわ!!笑

それこそ、さくぽんが言ってたように「ガレージ」の様なキャンプの楽しみ方で考えたらたしかにそんな感じですし。こだわりの道具を持っていくのも楽しいので。

で、「なんで俺こんなどうでも良いコト書いてんのかな」と思ったんですが、多分「こういう道具がなきゃキャンプじゃない!」みたいな風潮が微妙に漂ってるのが嫌なんだなと思ってるからっぽいです。

以前、「いやいや、他人の目とか雑誌とかどうでもいいから。好きにやろうぜ!」って記事を書きました。

【初心者よ恐れるな!】キャンプ場のルールを守ればキャンプは自由!!無理にアレコレしなくていいんだよ!!
【初心者よ恐れるな!】キャンプ場のルールを守ればキャンプは自由!!無理にアレコレしなくていいんだよ!!
どもども、ヤマケンです。 ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ:...

キャンプが流行って、沢山の情報がウェブ上に出るようになって、僕らがキャンプを始めた頃に比べてキャンプを始めやすくなってると思います。すごく嬉しいです。が、一方で不自由さもあるのかななんて最近思ってます。

上の記事に書いてますが、情報が多すぎて「こうしなきゃいけない」みたいな空気感も一部出ちゃってて、それってすごく窮屈だなと。僕らもそう記事を書くこともありますが、でも根幹には「好きにやろうぜ」みたいなものがあります。

ある意味、この記事に書いたことはそういうつもりっぽいです。長くてごついペグを無理に使わなくたっていいべさというような。逆に言えば20cmのペグを無理に買う必要もございまてん。

まぁ、なんかこう、そんな感じで!!笑

さくぽん
よほどのハードモードじゃなければたしかに20cmで事足りるよね。僕が使ってるMSR・ハバNXのペグとか10cmくらいで、それで全然大丈夫だしね。まぁテントの性能がいいからなんだけどさ。

あとタイトルの「毛頭ない」はなんか毛がない感じがするね

コメント

  1. drydog より:

    林間サイトメインだと、正直要らない気がします。
    ただ、広大な芝生サイトとかだと突風って奴があるので、やっぱり要所要所は深く埋め込める方が安心感ありますよね。

    ただ、38cmとかになると、キャンプ場が整備していない深さまで打ち込むので、逆に地中の石にぶつかる確率が無駄に上がるような気がしてならないです。

  2. てんて より:

    今回の記事、すごくジャストでした。

    キャンプにハマり、道具沼にハマり、今年はペグハンマーを買い、来年はペグを買い替えたいと思ってたんだけど、やっぱ20cmでいいなと。

    『基本好きにしていい、でもスペックは20cmで十分じゃね?』

    情報過多になり、お洒落なキャンパーはこれが常識。とか、中級者以上はみんなこれを使ってる。みたいな風潮、強迫観念に囚われたら不自由だけど…やっぱどうしたら良いのか気になる!

    って思ってたので。笑

    でも、だからと言って変に解釈して20cmのペグを買い漁るような事をするつもりは毛頭無いです、毛頭。

  3. ヤマケン より:

    DD選手

    そうですねー
    DD選手の言うとおり、場所によっては長いほうが良いとかあるので、使い分けられたら格好良いですよね。

    おっしゃる通り、長すぎるとキャンプ場によってはそんな感じになると思います。
    多分そこまで想定してキャンプ場をどこも作り込んでないんじゃないだろうか・・・

  4. ヤマケン より:

    てんてさん

    そうそう!
    僕が言いたいこと全部それ!!笑
    気に入ったモノを買おう。