【初心者よ恐れるな!】キャンプ場のルールを守ればキャンプは自由!!無理にアレコレしなくていいんだよ!!

どもども、ヤマケンです。

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%83%b3
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ:アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
安定した将来なんていらない。夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

暖かくなってきて、冬眠中だったヤマケンのやる気も起きてきましたよ!こう、もっと尖って行こう。

さて、今回は有野実苑のお客様の会話の中で思ったこと。

スポンサーリンク

「キャンプ全然楽しくない!!」

昨年の秋口からキャンプを始めたファミリーキャンパーさんで、パパと娘っ子は凄くキャンプ楽しいって話をしてて、その中でママが「私はキャンプ楽しくないです!!」と言ってました。

まぁ有野実苑にいらしたのも2度目だし、合計7,8回位キャンプに一緒に言ってるということだったので、なんだかんだで楽しんでるんだろうなと思ったんだけど・・・

でも、それでも楽しくない!!と言うのは由々しきお話です。パパも娘っ子もキャンプが好きなら、できればママも少しでも楽しいと思えたら良いなと思うわけです。

で、僭越ながら私ヤマケンからのアドバイスです。

アレコレやろうとすんの、止めるべ

話をしている中でママがこう言ってました。

「キャンプって、アレやってコレやってってやってたらただ忙しくて終わっちゃって、何が楽しいのか全然分かんない。」
「雑誌とかメディアとか見ると、【キャンプに行ったらこれをしよう!】とか【せっかくキャンプに来たんだったらこれをすべき!】みたいな情報が沢山あって、それを全部やらなきゃって凄いプレッシャー」

僕らもキャンプに行ったら何をすると楽しいよ!とかキャンプに行ったときの一日のスケジュールとかを載せてたりします。

が、あくまでこれは目安だったり、キャンプを楽しみ方の可能性の1つです。

キャンプってキャンプ場のルールを守って、周りの人に迷惑をかけなければ何したって良いんですよ。

だから、雑誌とかに書いてあるようなことを無理にやる必要はありません。

せっかく休みの日に外に遊びに行ってるのに、◯◯しなきゃ!ってなっちゃったら、一気に遊びがタスクになっちゃうじゃないですか。

だから、まずはアレコレしようとすんの、辞めましょう。

オリジナルキャンプブランド

【◯◯をしたら楽しい】はあくまで一例。つまらなきゃやめちゃえ!

キャンプに行って何をすればいいか分からない人は、こういう【◯◯をしたら楽しい!】という情報を参考にして、実際にやってみる。

で、自分が楽しくなかったらもうやんなきゃ良いだけです

人によって何を楽しいと感じて、何をつまらないと感じるかは全然違います。

そういう情報はあくまで一例です。

あくまで参考程度。つまんなきゃやめちゃえ!!

自分が楽しいと思うことだけをすればいい。

そうやって自由にキャンプをやっていくと、自分が何を楽しいと思って何をつまらないと思うのかが分かってきます。

そうなったらもう楽しいと思うことだけをすればいい。

僕はキャンプでキャンプっぽいことをするのがあんまり好きじゃないです。

キャンプに行ったら焚き火が最高!!という人が多いですが、ぶっちゃけ僕、あんまり焚き火好きじゃないんですよね。いやね。焚き火そのものは凄い好きなんですけど、焚き火の後始末が好きじゃないんですよ。灰捨てに行くのが面倒くさい。

なら何やってるのかというと、僕はずっとゲームやってます。

鳥の鳴き声や風で動く木々の音を聞きながらゲームをただひたすらにやります。

こういうことを言うと邪道だ、軟弱だとよく言われるんですが、それ全部どうでも良いです。

僕が外でゲームやるのが大好きなので、僕はキャンプでゲームをするんです。誰かの思うキャンプ像なんかはどうでも良いことです。

なので、あなたがキャンプで楽しいと思うことをただひたすらにやっていいんですよ!

大丈夫、子供は勝手に遊びます

あとは「ファミリーキャンプに行ったら子供と一緒に遊びましょう!っていうのもプレッシャー」と話もありました。

別のお客様なんですが、こんなことを言ってました。

「キャンプ場について設営して、子供と遊んで、料理の準備なんかをしてたら一瞬で夜になっちゃって、翌朝もご飯の準備と撤収作業で一瞬で帰る時間になっちゃう。ただ疲れちゃうんですよねー」

そんな方に、キャンプ場に勤めてて毎週末子どもたちの様子を見ている、圧倒的女児に好かれる私から言わせて頂くと「大丈夫、子供は勝手に遊んでるから、大丈夫。」

親がわざわざ遊ぼうとしなくたって、子供は勝手に遊びます。

ほっといてもキャンプ場の中を駆けずり回って、知らないうちに友達を作って遊んでます。

だから無理にバドミントンとかボール遊びとかをしなくても大丈夫です。もちろん、子供と遊びたいということなら遊んで上げればいいと思います。でも、無理に遊んであげる必要は無いと思います。

それでも心配な方は、ケニーズファミリービレッジや、有野実苑のように遊具や遊ぶ道具があるところに連れて行くのがいいでしょう。まぁ、遊具なんか無くたって、子供は遊びますが。


以上、キャンプの楽しさが分からないという方へのアドバイスでした!!

情報が沢山出すぎてて、アレが楽しいコレが楽しいだけじゃなく、アレやんなきゃコレやんなきゃキャンプじゃない!みたいな風に感じるかもしれません。

でも、ぶっちゃけそんなものすらどうでも良いんですよ。

キャンプ場のルールを守って、他の人に迷惑をかけなきゃなにやったって良いんですよ。それはファミリーだろうがグループだろうがソロだろうが、全員一緒です。

僕は結婚してないし子供もいないのでファミリーキャンプ出来ませんが、そういう声を沢山聞きます。

だから、大丈夫。もっと自由にキャンプしていいんですよ。

コメント

  1. とらぬ狸 より:

    我が家はキャンプで疲れたら我が家は、外へご飯食べに行きますね。
    キャンプ飯に凝りたい時は別ですが、子供や妻と楽しく過ごすのが目的だからね。
    温泉や銭湯があれば入りに行くし、テントを張るのが面倒だったらバンガローを借りるしね。

  2. 赤い舗道 より:

    ヤマケンさんへ
    「初心者よ恐れるな!」の記事、その通りですね
    現在社会人となっている我が家の長女、長男もキャンプ場では親とは遊びませんでしたよ 夢中で川で遊び流され水を飲み、夢中でナイフで木を削り、夢中で木に登り落っこち、夢中でメシをつくり焦がし、焚火で何時間も火遊びして火傷してました だいたい親が「これで遊べば?これは面白いよ」なんて与える遊びには夢中にならないです キャンプは自然の中で過ごす事を楽しむもので、親はそのきっかけを作ってあげればいいと思ってます

  3. KAMACAMP より:

    このような記事がもっとこれからキャンプしてみたいって方達に広がるといいですね!すごく共感しました!

  4. camp-in-japan より:

    とらぬ狸

    うむ!その通りだと思う。
    何が目的なのかに沿ってればなんでも良いと思うの。
    バンガローだってキャンプだし、外でご飯食べたってキャンプだし!
    その人の思う楽しいことが出来れば、それで幸せで良いと思うの!

  5. camp-in-japan より:

    赤い舗道さん

    そう言って頂けると嬉しいです!
    きっかけを作るだけで良いっての言うのはそんな気がします。子供いないですが。
    親主導でお子さんも楽しい親も楽しいのであればそのスタイルで良いと思います。
    でも、それだと親が楽しいと思えないのであれば、一度、子供に好きにやらせてみるのが良いんじゃないかなぁと思います。
    キャンプ場でお子さんの動きを見てると、本当に親の手を離れて遊び倒す子供の多いこと。
    そこに無理にプレッシャーを感じる必要は無いんだろうなぁ。

  6. camp-in-japan より:

    KAMACAMPさん

    ありがとうございます!!
    ほんと、もっと沢山の人にキャンプをしに来て欲しい。
    もっともっと自由になって良いんだ。

  7. 41wizXT(よーいち) より:

    すっごい共感。
    キャンプって記事に書いてあるようにキャンプ場のルールや他のキャンパーさんに迷惑かけなきゃ
    何してもいいし、ましてやマストなことなんて何ひとつ無いよね。
    さくぽんが数日前にTweetしてたヤマケンのブログの下書きの件はこの記事のことだよね、きっと。
    他のキャンプ関連のwebを読んで感じていた得体の知れぬモヤモヤをこの記事がブッ飛ばしてくれた。
    良かった、このブログの読者で。
    素敵な記事をごちそうさま。

  8. teto より:

    わーこれいい記事だねー!
    私は外ごはんが好きだからずっと料理してるし、次は何を作ろうかなって考えるのが楽しいけど、テントとかタープがどんなにキレイに張れようがそこには興味ないから設営中はふらっとどっか行っちゃう。笑

    何もしない時間を作りに行くって贅沢だよね。

  9. なーお より:

    そっすね。ほんと何も無いけど楽しそうに遊びますね。日常ではおもちゃや遊具が溢れているので、むしろ何も無いところで遊んで欲しくてキャンプに行ってるのもあります。

    それはそうと、この前、お隣家族が結構大変そうでした。。。。。

    慣れるまでは、テント張って寝るだけの気持ちの方が楽しめるかもですね。個人的にまとめておこうと思う今日この頃です。

  10. はむお より:

    私は、このサイトに出会ってキャンプって楽しそうだなぁ~と思い
    いざ始めたら楽しくて楽しくて、友人を置き去りにしてソロキャンプを始める始末。
    幸いなことに彼女さんも、
    釣り・キャンプ・ゴルフ・アニメ・ゲームを一緒に出来る方なので
    日々が楽しくてしょうがないですよ。
    という訳で、ソロテントから、家族用のテント購入しました。
    え?自慢じゃないですよ??

  11. ヤマケン より:

    よーいち

    好きにやりたいことをやればよいのです。
    だってほら、ただのレジャーですし!
    正解が無い楽しみ

  12. ヤマケン より:

    tetoちゃん

    そう!
    キャンプって凄く贅沢な時間の過ごし方なんだよ。
    だからこそ、変なものに縛られて楽しめないのは残念。

  13. ヤマケン より:

    なーお

    素敵なご家族。

    そうそう。最初はキャンプに行って、ふわっとして寝るだけでも十分楽しい!
    お隣さんは大変だったんだろうなぁ。楽しめたことを祈る・・・

  14. ヤマケン より:

    はむお

    良いことを言ってると思ったら、ただのリアルが充実してる報告だった!!笑
    そういう関係素敵!