【広がる楽しさの輪】近くで困っている人がいたら一声かけると皆ハッピーになる可能性がある

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

現在血尿の検査の時間待ちでこの記事を書いております。骨折以来の病院だけど、待ち時間なげぇぇぇ、わ。

さて、先日じょに氏から頂いたコメンツを読んで思ったことをば。先に言っておきますが、状況によりけり、人によりけり、言い方によりけり、賛否両論あるでしょう、と言った色々なものがあることを分かった上で書きます。

スポンサーリンク

初めての方のお手伝い

先日書いた記事のコメントで、じょに氏から頂きました。

おはようございやす。
初心者の方はテント、タープを建てるのに困って口喧嘩?している方々をよく見かけます。
何故か自分のサイトの横でよく起こる・・・
気持ちよくキャンプをして欲しいので自分は分かる範囲でお手伝いをします。
カップルだと軽く嫉妬しますが(笑)
帰り際に「いろいろありがとうございました~」と笑顔で帰るのを見るとお手伝いして良かったと思いますよ。自己満ですが(笑)

じょに氏持ってんなー笑

この時期は特にこういう事態に遭うことがあると思いますが、こういうの私すきなんですよね。人間の善性を感じる。車同士の道の譲り合いくらい僕好きです。

初設営は難易度エクストリームだと思うの

初キャンプは分からないことが一杯が当たり前

初めてのテント設営とか、タープ設営ってかなり難しいと思います。

ケースを開けて、さぁやるぞ!!と思っても色んなパーツがあって、しかも似たようなものばっかり入ってます。しかも普段使わないようなものばかりなので、なんとなくすら分からない。

説明書を頑張っても読んで見るけど、専門用語というか名称がそもそも身近じゃなさ過ぎて何言ってんだこいつ状態になるので、あんまり役に立ちません。

で、僕の場合は3時間位粘って、結果ビールを飲むことにしたのであります。諦めの境地。

と、まぁこの様に初めての設営はかなりハードモードなのは誰にとっても当たり前のことなんですよね。

オリジナルキャンプブランド

助けて欲しいけど、中々言えない

助けてとは中々言い出せない・・・

丁度良い画像がないので僕のご尊顔(笑)を張っておきますね。

今回のじょに氏のように、僕が以前手伝わさせてもらった方が最後にヒョロっと言っていたのが、

「周りの人達はすごくスムーズにやっていて、恥ずかしくてこちらからは中々言い出せなくて・・・・」

ということでした。

確かにキャンプに慣れた今では私もテントの設営は15分くらいで出来ますし、タープも1人で余裕で立てられるようになっております。こういうのは反復でやればやるだけ早くなるし、スムーズになるので、初めてで四苦八苦するのは当然ですね。

なので、もし初めてであまりにもハードすぎてにっちもさっちもいかないと思ったら、周囲のキャンパーさんに助けを求めるのもありだと思います。

実際僕は誰かに助けてほしかったです。人見知りすぎて誰にも言えませんでしたけど。笑

長時間挑戦してる人に声をかける

が、何でもかんでも手伝います大丈夫ですかーっていうのも絶妙に微妙なところですし、頑張って初テント・タープを立てるってのもすごく楽しいイベントっちゃイベントです。

なので個人的に思う、手伝いますかータイミングは、長時間(1時間〜2時間位)格闘されている時でしょうか。

30分から1時間は「あれー?」とか言いながらも地味に楽しい時間だと思うんですよね。ただ、これまでの経験上、1時間を超えてくるとちょっとずつイライラしてくる気がします。

なので、1時間〜2時間過ぎてもまだ挑戦している人に声をかけるのが丁度良いタイミングなのかと思います。

助けるコツはこっそり

初キャンプを助ける時はこっそりと、がコツ

ここもちょうどいい画像がないので彼女募集中の僕を貼っておきますね

で、声をかけていざお手伝いや!となった時ですが、こっそり助けるイメージだと良いかと思います。

ファミリーキャンプだとパパの威厳とかありますし、そこで完全に主導権握っちゃってあれやってこれやって!みたいな話をしちゃうと微妙な空気になるときもあります。

なので、説明書を見てパパに相談するふりをしつつ、立て方の説明をして、実際に立てる時はパパに「どこそこをどうする」みたいな指示をしてもらう感じ。

カップルに関してはピエロを演じると良い感じに仕上がります。

笑顔で軽いニュアンスだと良いと思うの

もちろん相手によっては余計なお世話だわと思われる方もいますのであれですけど、これまで手伝いさせてもらって今のところ「ざけんな!」ってキレられたことはございません。「大丈夫ですー」というお断りは普通にあるけどね。

ほんで、このあたりポイントは笑顔だと思います。笑顔で、「何か困ってませんかー?」とか「なんか余計なお世話しちゃってごめんなさい」みたいな。

ニュアンスの話になっちゃいますけど、あんまり真面目な雰囲気で手伝いますか?みたいな感じよりは、笑顔で大丈夫ー?程度のノリの方が相手も身構えないというか、申し訳なさ的に軽い気がします。

この辺りは勝手に思ってるだけなので、もしこれから始めようと思ってる方で「こういう感じで言ってもらえたら気が楽!」っていう意見があれば教えてくだされ。

自己満?相手が笑ってくれればどうでも良いわ。

設営が上手に出来たら

勿論、要らぬ節介ノーサンキューな方もいると思うし、結果的に要らぬお節介になることもままあるとは思います。それに自己満足的なお手伝いになってしまうこともあるかもしれません。

が、今のところ手伝わせてもらった方の多くは笑顔でありがとーって言ってくれるし、なんかもうそれで良いんじゃないかと思ってます、私。

要らぬお節介だと思う人も居て当たり前だし、それに対して「なんでせっかく声かけてやったのに!」みたいなのは見当ハズレも甚だしいわけで。

個人的には、「ざすー!」って笑顔で言ってくれれば、それだけで良いと思います。


というわけで、私ヤマケンの要らぬ節介はこれからも続いていくと思います。このブログも見方によっちゃそうだしね。

でも、こうやって誰かに助けてもらった人が次に困ってる人を助ける流れって素敵だなと思うのですよ。

場合によっては険悪になっちゃう初体験を、笑顔に変えられたらそれはとてもキラキラしたものになると思ってます。

というわけで、積極的に!というわけじゃないですが、もし四苦八苦してる方をいたら声をかけたらいいし、声をかけられたら遠慮せずに頼って良いんじゃないかと思うのよね!!

たかにぃ
キャンプ場ではご近所さんはみんな友達!みたいな文化が定着すればいいのに。みんなで作り上げましょうよ!

コメント

  1. drydog より:

    初タープで戸惑う人は多いみたいですね。
    私のサイトの周りでもタープの立て方に失敗して、メインポールを何度も倒してうちの張り綱に当てている人が居ました。(ポールの傾け方と、綱を張る順番間違えていたので、教えたらすぐ張れてましたが)

    事前に立て方動画を見ながら予行練習して置くのが一番ですが、近場にテント立てられる空間がある地域ってそんなに多くないですしねえ。

  2. マツケン より:

    今年のGWにデビューしましたが、初戦で雨そして夕方に着くわで泣きたくなりました。
    既にBBQやらタープ下でいい感じで始めてる周りの方々へのヘルプコールは正直かなりし辛かったス。いい経験でしたが(^◇^;)

  3. ヤマケン より:

    DD選手

    そうですねー。
    事前に動画で見ておくだけで難易度は全然違いますからねー
    イメトレ大事。

  4. ヤマケン より:

    マツケン

    久しぶりー!!
    デビューおめでとう!!それは泣くわ!!笑
    その状況では言い出せないね・・・・
    それでもちゃんと設営出来たのはすごいわ!!

  5. teto より:

    先日の初ソロで、お隣さんがママ2人に子4人チョロチョロしてて大変そうだったので、私の方に遊びに来た子たちに話しかけて設営から遠ざけてみました。
    ママたち気づいてたみたいで、夜ごはんでおすそわけ頂いて嬉しかったな。こういう交流好きー。

  6. マツケン より:

    ヤマケンパイセン。アザっす!
    9月に有野実苑にお邪魔しますが、会えることが楽しみでっせ!いやホント。サインしてね。
    今改めて思うのは、サクポン師匠・ガルボ先生・そんでヤマケンパイセンのおかげで、なんとかとりあえずキャンプが形になった気がします。アップアップだけど。
    普通に本当に感謝してます。だってキャンプ次どうしようか何がいるか考えてると楽しいから〜!

  7. じょに より:

    フェニックス氏おは・・・あ、ヤマケン氏おはようございやす。
    体調大丈夫ですか?
    自分如きのコメントで記事にして頂きありがとうございます。
    確かに初心者の方って声かけずらいと思います。知らない方に声をかけるって勇気いりますもんね!
    でも手伝いする側も結構声をかけるのって勇気がいります。自分は慣れちゃいましたが(笑)
    キャンプに行けば自然に囲まれ、気持ちも開放的になりますのでお互い声を掛け合って楽しく過ごすのが1番!
    キャンプしてる人の9割は悪い人いないと・・・思いますので

    自分の考えですが
    ・初キャンプの方は時間に余裕を持って(テント、タープで苦戦してご飯が夜遅くになって る人をよくみかけます)
    ・説明書を読んでもわからなければ周りの人に聞いてみる!声をかけずらければキャンプ場 のスタッフに聞いてみる。結構教えてくれますよ
    ・ベテランの人も勇気を持って助けてあげる!(勿論見返りを期待せずにね)
    以上です。
    無理はしなくていいですが!

    困ってる人を助けるってお互い気持ちいいし、当たり前の事だし・・・でもその当たり前が中々出来ないんだよなぁ~
    みんなで声を掛け合って、マナーを守って、笑顔で楽しいキャンプライフを送りましょ~
    ヤマケン氏ありがとう~

    長々と申訳ないっす。

  8. ヤマケン より:

    tetoちゃん

    おお。地味に嬉しいやつなんじゃないの、それ。
    俺がやったら不審者かもしれないけど笑
    こういうのがキャンプのすごいところな気がします。

  9. ヤマケン より:

    マツケン

    ざすー!!楽しみにしてるで!!
    我々役に立ったな!!笑
    次に続く楽しみって色んな意味ですごく重要ですよね。
    深みの趣味だから当分続く楽しみだよ笑

  10. ヤマケン より:

    じょに氏

    木曜日に検査結果を聞きに行くでござるよ!!ざす!!

    助けて欲しい側も助けたい側もかなりハードル高く感じますよね。
    でも、じょに氏の言うとおり、キャンプに来てる9割の方は皆良いやつだと僕思ってます。
    困ってたら助けたいと思う人が多いと思うんだよなぁ。

    まぁ無理に手伝う必要も無いし、無理に手伝ってもらう必要も無いけどさ!