夏のテント泊。虫対策は夜通し行うのがよし!

ポップアップメッシュシェルター

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
もっと英語を頑張ります。色んな人と話がしたいです。

だんだんと秋が近づいている今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか?キンモクセイの匂いが好きなので、今から楽しみです。

さて、今回は虫が多い初夏〜秋の始まりまでのテント泊についての話です。

スポンサーリンク

夏のテント泊。快適に眠れてる?

今年の夏は雨が多くてキャンパー、キャンプ場ともに大変な夏になってしまったかと思います・・・残念ですが、自然相手なので致し方なし。

いつもの夏であれば、キャンプ場に扇風機を持ち込んで使うほどに蒸し暑いことも多々あります。ヤマケンがいる有野実苑は千葉県内でもだいぶ暑い方ですよね。

蒸し暑い中だとテント泊も不快になってしまうことがあります。

ヤマケン
外は涼しくてもテントに覆われてると結構蒸すからね!

ガルボはタープ泊

我らがガルボ先輩はそうそうにタープ泊という宿泊方法を確立されてました。テントを張る必要がなくなるので、荷物&手間が減るというメリットがあります。

風通しもいいので、涼しいのです。

参考:【ソロキャンプ】気になるタープ泊を始めてみよう!

あるいはタープの下にテントを張って、フライシートを被せないという方法もあります。テントという狭い空間の中にいると落ち着くさくぽん的にはこっちの方が好きです。

あるいは最近ヤマケンがレビューした

コットの上に、ポップアップメッシュシェルターを張って寝るという方法もあります。

参考:【ソロ用レビュー】Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルターがタープ泊に抜群の効果を発揮する

このシェルター、僕も先日使わせてもらったのですが、レビューにもある通り若干サイズが小さいながらも、設営・撤収ともに楽なので結構いい感じです。

ヤマケン
外から見られ放題だったりもするので、苦手な人は苦手かも。僕らはこのスタイルが夏はベストかなと思っているけども。
オリジナルキャンプブランド

っが、しかし、タープ泊・メッシュだと防げないものがいる

Alpine DESIGNのポップアップメッシュシェルター

タープ泊、メッシュテント泊だと夏のキャンプも快適・・・!っと思いきや、夏のキャンプでの大敵のやつらが夜中に襲ってきます。

そう、「蚊」です!

大きめのテントであるならば、夜中に虫がテント周辺に飛んでいようが気にならないのですが、これくらいのサイズ感(ソロ用)や、あるいはガルボがやってるフルオープンのタープ泊だと蚊の攻撃にあいます。

あの不快な「ぷ〜ん」っていう音に襲われて起きてしまう夜はマジで不快。最悪。テントの中にいるんじゃないかって不安になるんです。

ヤマケン
こっち来ないのが分かってても不快なあの音。

夜も蚊取り線香を焚き続けよう!

っで、これを防ぐためにどうしたらいいのかっていうと、単純に夜も蚊取り線香を焚き続ける、ということです。

様々な虫除け対策品を試してきましたが、やっぱりこれが一番いいです。

北海道にいた時は、テントのフライシートに匂いがしみつくんじゃねーかってくらいに煙を被ってましたが、お陰で夜も快眠。

ちょっとそれを怠ると夜中に目が覚めてしまうんです。特に顔周りに飛んでくることが多い。

僕が使っているMSRのハバNXはインナーテントがメッシュなので、蚊が中に侵入してくることがなかったものの、顔面周辺を飛び回り、おそらくメッシュ部分に当たっては離れを蚊が繰り返してたと思います。その音が本当に不快でした。

ヤマケン
色々蚊対策商品を使ってきましたが、やっぱりこの蚊取り線香が最強なのであります。

参考:【蚊対策の話】結局のところ、やっぱり最強の蚊対策は蚊取り線香なんですよねーー

置く場所に気をつけてね!

寝相の悪い人(ガルボ)は蚊取り線香を置く場所に気をつけてくださいね!

例えば、先ほどのメッシュシェルターでいうと入り口側においてしまうとトイレに起きた時に踏んでしまったりしかねないし

あるいは、何かあって転がってしまった場合に蚊取り線香の燃えている部分に触れてしまうと穴が空いてしまいます。

なので、風上に起きつつ、煙がしっかりとテントに当たりそうな範囲内で置きましょう。

ちなみに、蚊取り線香がない場合は、虫除けスプレーをメッシュ部分にふりかけておくだけでも効果がありますので、試してみてください。

ガルボ
え、俺そんなに寝相悪くないって!
ヤマケン
何?お前今寝てんの?ねぇ?起きてからそういうことは言おうぜ。

まとめ

以上、夏のタープ泊・メッシュシェルター泊での虫対策を紹介しました。

これ、先日一緒にキャンプしたよーいちさんがくらってしまっていて、記事にしなければ!と思い立った次第です。

ただでさえ蒸し暑い夏のキャンプ、夜の虫対策もしっかり行って快適に眠りましょー!

それでは!

ガルボ
この寝方の洗礼ですね!蚊の音って妙に耳につくので1つくらいは蚊取り線香つけておきましょう!
ヤマケン
4方を覆うと完璧よ。

コメント

  1. 41wizxt(よーいち) より:

    蚊の羽音ってすごいよね笑
    蚊帳の中にいても右から左から聞こえて、蚊帳の中に蚊が入っちゃった?って気になって眠れず。
    慌ててヘッデン点けて、周りのサイトに光が当たらないよう注意しながら、捜索開始。
    蚊帳の入り口はちゃんと閉まってるし蚊帳の中を捜索しても蚊なんていない。
    あ、これは蚊帳の外にいる蚊の羽音だって気付いてからは安心したのか、再び夢の中へ笑
    初タープ泊で、良い勉強させてもらいました(o^—^o)

  2. さくぽん より:

    41wizxt(よーいち)さん
    あの音は本当に不快。マジで不快。一度気になるとなかなかそれが拭えない。。。
    これでよーいちさんも夏のキャンプレベルがあがりましたね!笑

  3. じょに より:

    さくぽん、おはようございやす。
    羽蟲って(特に蚊)は本当イライラしますわ~
    自分は吊り下げ式の蚊取り線香皿に入れて、テントにかけたり、前室に置いたりしておりやす。これだと夜中に便所行く時踏んでも大丈夫!虫が多いときはアースジェット的なのも使用しておりやす。自分はこれで快眠でありんす!
    ってか最近コメばっか書いてますな(笑)
    キャンプ沼でなくHCC沼ですわ~笑笑
    皆さんとお話してみたいっす!!

  4. ミリオン より:

    この前、ポップアップのメッシュシェルターでタープ寝していて結構な雨に降られ一晩中雨音してたわけ何ですが、蚊の羽音はそれを掻い潜って耳に付きましたね〜

    余談ですが撤収の時ポップアップメッシュを畳もうとしたら良く分からず小一時間フリーズしてました(笑)

  5. さくぽん より:

    じょにさん
    毎度どもです!
    吊り下げ式の方が安全でいいですね!なんとなくでいつも地面に置くタイプを使ってました。今度試してみます。
    いやはや、じょにさんHCC沼へようこそ。そのうちヤマケンの顔面が夢に出てくると思いますよ。
    じょにさんのお住い、どちらでしたっけ?ぜひガルボ会へーーーー!!!!

  6. さくぽん より:

    ミリオンさん
    あの羽音は本当に不快ですよね・・・耳障り。
    畳み方、あれコツが入りますね。ぎゅっとひねる感じでたたむといい感じです←伝わらない(笑)

  7. じょに より:

    さくぽんぽん、どもでした!
    そう、ガルボ会参加してみたいのですが・・・
    自分・・・北海道なので・・・
    行きたいけど、行けないっす涙
    でもそのうち、休み沢山取ってバイクをフェリーに乗っけてぶっ飛ばして行きたいですなぁ
    勿論キャンプ道具パッキングしてね!

  8. さくぽん より:

    じょにさん
    北海道でしたか!!いやーむしろ僕がそちらへ参上したい。
    道東をまたゆっくりと巡りたいなーなんて。洞爺湖らへんも良かったなー。
    あ、礼文島でホッケのちゃんちゃん焼きも食べたい。セイコーマートいきたい。
    北海道いきてー。。。

  9. じょに より:

    さくぽんさん
    いつでもお待ちしてまっせーー!
    北海道はまだまだ沢山良いとこありますからね!ご飯の美味しいお店も紹介しまっせぇぇぇぇー