【ULキャンプ】アルコールストーブで究極のULを目指す!!

おはようございます!

信越トレイルにチャレンジしています!軽量キャンパーたかにぃです!

たかにぃ:ひたすらにキャンプが好きな27歳。
キャンプ道具を軽量化させていたところ、気付いたら
山歩きにのめり込み始める。
今はロングトレイルにハマり始めています。
キャンプ×旅!!

実は9月に二泊三日で38㎞のロング??トレイルをしました。

霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイルというコースです。

そこで、アルコールストーブを使うことにしたのですが、

その決断に至るまでの、私の話を聞いてください。

結構馬鹿です。笑

アルコールストーブを使用したきっかけ

私には30Lのデイパックしかありません。

夏は何とかなっていましたが、今回は標高も1500m以上でのキャンプで防寒着が必要な上に、二泊三日分の食料も入れないといけないので、今まで以上にコンパクトさを要求されました。

何を小さくするか。。。

そこで、ストーブに目を着け、ガスストーブではなくアルコールストーブの使用を決断致しました。

オリジナルキャンプブランド

アルコールストーブはコンパクトで軽い!

ガスストーブとアルコールストーブの大きな違い。それは燃料ですよね。

ガスか、アルコールか。

ガス缶の場合、大きさは決まっていて、小さくても105缶ですよね?

あの大きさ、あの形がザックに入るのは少しストレス。

もっと細分化して、荷物の中になじませたい

そう思うと移し替えが可能であるアルコールの自由さがいいなと思ったわけです。

必要な燃料の具体的な数字が出せる

ガスの場合、一缶どれくらいでなくなるのか具体的な数字を出すのが難しい。

でも、アルコールならできる!

例えば水200ml(コップ一杯)を沸かすのにアルコールは何ml必要なのか。

実験してみたところ。

30mlあれば十分だという事が分かりました。

200mlの水を沸かせればアルファ米シリーズが食べれる。(アルファ米には110ml~160mlあれば大丈夫)

他にも、乾物系も大体お湯150mlでできる物が多いし、200ml沸かすことができれば取りあえず問題ない。

アルコール30mlで昼飯は何とかなる!

といった発想ですすめていきます。

たかにぃの軽量アルファ米の調理の仕方もあるのでコチラもおススメ!
【ULキャンプ飯】アルファ米が軽量キャンパーにおススメ!
【ULキャンプ飯】アルファ米が軽量キャンパーにおススメ!
おはようございます!軽量キャンパーたかにぃです! たかにぃ:ひたすらに...

パッキングしてみた

必要なものは分かった。ではパッキング。

コップとアルコールストーブとシェラカップをまとめてしまえば完結という事になりますよね。

まとめるとこんな感じ。

手のひらサイズになっちゃいました。

コレに行きついた時、自分で自分に笑っちゃいました。笑

ちっさ!アホか!!みたいに思いました。

でも、これで行けたんです。

まとめ

私は実際にこの装備で二泊三日で霧ヶ峰・美ヶ原中央分水嶺トレイル(38km)をキャンプしながら踏破しました。ザックは30ℓのデイパック。

実際に調理した風景

200ml少し多く必要な時は後でちょっとお湯足せばいいでしょ

うん!美味い! この日の夕食はカレーメシのハヤシライスです!(ジップロックに移し替えてある)

実際には風防やゴトクも必要なのでバーゴのウッドストーブもセットで持って行っています。

その間食べたご飯は全て、お湯200mlあればなんとかなるもの!

ね?馬鹿でしょ!?

アッ!因みにアルコールストーブのレビューなら以前にされているので、コチラもチェックを!めちゃ分かりやすい!!
【レビュー】ソロキャンプやツーリングキャンプにオススメしたい【トランギア アルコールバーナー】
【レビュー】ソロキャンプやツーリングキャンプにオススメしたい【トランギア アルコールバーナー】
今回はアイテムレビュー【トランギア アルコールバーナー】ボロい見た目なのにどんな状況でも使用できる無骨さに、男のロマンを感じずには要られません。まだ3回しか使ってないけど、僕のお気に入りに追加されました。

コメント

  1. なーお より:

    すっすごい。
    ここまで行けないけど、
    トレラン?トレキャン?はしたいなーとおもてます!

  2. タカニィ より:

    なーおさん
    コメントありがとうございます!
    信越トレイルチャレンジ中でやっと帰ってきました!
    楽しいですよ。是非やってみて下さい♪
    キャンプ×旅です!