これからの時期に必要なホットカーペットの注意点を確認しておきましょう。

どもーガルボです

ガルボ

ガルボ:このブログを見てキャンプを始めたただの読者。
今では年間20回以上、埼玉を中心に関東でキャンプをする。
ブログに投稿するついでにキャンプ仲間を増やそうと目論んでいる。

最近キャンプに行けてないですなー。久々にソロキャンプでもしてのんびりしたい。

さて、今回はホットカーペットの注意点について。

スポンサーリンク

冬キャンプでも快適なホットカーペット

キャンプでホットカーペットって使ったことありますか?

AC電源付きのサイトでホットカーペットを使えば雪が降るような時でも快適に眠ることが出来ます。

まさにこれからの季節にはもってこいなんですよー!

でも、ホットカーペットにも注意点があるので書いていきますね。

マットやラグの敷く順番を考える

まずはホットカーペットをどの位置に敷くか、ですが・・

必ずホットカーペットの上にラグやインフレータブルマット、エアーマットを上に敷きましょう。

無ければ毛布でも下に敷くと良いですね。

上の写真のように寝袋のすぐ下にホットカーペットを敷くと暑くて寝れません。

逆に低温熱傷などを引き起こすのでやめましょう。

ホットカーペットの下には冷気を遮れるマット。敷くと良いですね。

オリジナルキャンプブランド

消費電力を超えないようにする。

次に消費電力。

書いていないキャンプ場もありますが、キャンプサイトの消費電力は1000wまでというところが多いです。

知らずに使うと夜中にブレーカーが落ちるなんて事もあり得ますので、使うホットカーペットの電力を確認しておきましょう。

レンタルのものなら問題ないと思いますが、他のものと併用するとなると気をつける必要があります。

(基本的にホットカーペットは500w〜くらい。電気毛布は〜100wくらいです。)

延長コードは屋外用にする

次に注意しがちな延長コード。

キャンプサイトの電源からインナーテントまでは離れる事もあるので延長コードがあった方がいいです。

しかも、屋外用

屋内とは違って、外は雨、露など影響を受けますので屋外用を購入されることをオススメします。

ちなみに私は電気毛布だけ持っていて、ソロなら延長コードレンタル。2人以上ならホットカーペット、延長コードレンタルしています。

簡単に冬キャンプをする方法

出来るだけ簡単に初めての冬キャンプでテント泊をする方法
出来るだけ簡単に初めての冬キャンプでテント泊をする方法
どもども、ガルボです! ガルボ:このブログを見てキャンプを始め...

上に貼り付けた記事でも書きましたが、高額な冬用寝袋を購入しなくとも3シーズン寝袋とホットカーペット+延長コードのレンタルで冬キャンプの夜は凌げると書きました。

(ホットカーペットの当たらない部分は寒いので毛布などをかけて寝ましょう。)

日中は防寒着をしっかりと着込んでいれば冬でもキャンプが楽しめます!

今回の記事を参考にぜひ冬キャンプに挑戦してみてください!

ではまた。

さくぽん
低温やけどと消費電力!これに気をつけましょう。まずはレンタルで始めるのが一番無難ですよ!冬用の寝袋もそうですし、わざわざホットカーペットを買うお金がもったいないっす!
ヤマケン
3畳以上のホットカーペットの最大消費電力量は大体1,200wくらいです。なので、ホットカーペットよりも掛け敷きの電気毛布の方がオススメかも有野実苑には電気毛布のレンタルがあります。

コメント

  1. めがぬ より:

    冬のテント泊ってやったことがないのですが、コットで寝る場合はホットカーペットより電気毛布のほうが効果的ですか?

  2. ガルボ より:

    めがねさん

    コメントありがとうございます!
    個人的見解では暖かさは電気毛布よりホットカーペットのがいいです。
    しかしコットのサイズのホットカーペットは見たことがなく電気毛布なら大きくても包まることができるのでコットで使うなら電気毛布をオススメします。

    注意点が、コットでも地面からの冷気がきて寒いのでコットにマットは必ず使用して下さい!また低温熱傷にも注意です。

  3. めがぬ より:

    ホットカーペットの上にコットを置いて初冬キャンプ行ってきました。
    これで十分暖かいんですね、快適でした。試しにカーペットの電源落として寝たら即凍えて死にそうに…w

  4. ガルボ より:

    めがねさん

    コットもしっかりとマット敷かないと寒いですからねぇ。
    快適に過ごせて何よりです!