キャンプで焚火をする時の注意点〜初心者のためのキャンプ入門〜

10518585_10201299318764500_740122986938474181_o

どもども、キャンプで日本一周中のヤマケンです!!

そういえば最近ハゲ止まりしてきた気がします。

気がするだけですかそうですか。

スポンサーリンク

さて今回のお題は「焚火をする上での注意点」

キャンプをする上での醍醐味の一つ「焚火」。

IMG_3698

皆で焚火を囲めばどんな場所でもそこは天国。

暑かろうが寒かろうが焚火を囲めば皆友達。

ちなみに大阪ガスの研究所あたりの研究結果で、「焚火を囲むと初対面同士でも会話の回数が増える、体感的にも仲良くなれたと感じやすくなる」的な結果が出ております。

そう。やはり焚火最強説。

好きな子と焚火を囲めばより積極的に仲良くなれる可能性は高い。

というかむしろ全ての人間が焚火を囲めば全ての争いがなくなるまである。いや、さすがそれはないか。

と、このように焚火がなければキャンプが始まらないレベルで重要なものです。

でもやっぱり火を扱うものですから最小限気をつけることに気をつけないと大惨事にも繋がりかねます。


○キャンプ場ごとの焚火のルールを守る。

キャンプを行けば行くほどわかってきますが、キャンプ場によって焚火のルールが多少違います。

例えば直火禁止。地面で直接焚火をするのを直火と言います。これがダメなキャンプ場が実はほとんど。直火がNGな理由はこちらの記事を御覧ください。➔「キャンプ場でキャンプファイヤー!!え?直火NGなの?キャンプ場で直火NGな理由とは?〜初心者のためのキャンプ入門〜

例えば焚き火台でのみOK。直火はダメだけど、焚き火台を使ってやればいいですよーっていうキャンプ場さんほとんどだと思います。

例えば焚火は指定の場所でのみOK。これ結構レアかも。キャンプファイヤー用の場所が用意してあって、そこでする分には構わないっていう感じです。こういうのは公営の「なんたら公園キャンプ場」みたいな場所に多い印象です。

IMG_1811

○周囲に水を撒いておく

意外とやらないのがこれ。

焚火場及び焚き火台の周りに水を撒いておくのです、事前に。

こうすることで気休め程度かも知れませんが、万が一意図せず薪に日が付いたまま地面に落下してしまった時、延焼するのを防ぎます。

○落ち葉が沢山の場所ではやらないor落ち葉を取り除く

言わずもがな。落ち葉なんて乾燥しまくっているので、そんな場所でやったら「山を燃やしてやるぜ!!」的な感じになっちゃいます。

そういう場所を選択しないか、落ち葉を綺麗によかしてからやりましょう

○常に水を準備しておく

これも言わずもがな。あれば料理にも使えるし一石二鳥。

そういう話じゃないか。

○テントのすぐ側ではやらない

これは初心者がやりがちかも知れません。

テントって撥水したり雨に強かったりしますが、化繊(化学繊維)でできているので火や熱といったものに滅法弱い。

焚火なんて薪が爆ぜて、火の粉が飛ぶなんて日常茶飯事なわけです。

そんな焚火の火の粉が化繊のテントにくっついたらどうなるか。

一瞬で寝床が焼失してしまいます。

そうならないように、テントからは一定の距離を置いて楽しみましょう。

○タープの中ではやらない

これも初心者がやりがちな案件です。

というかついこないだT.hideさんにという方から指摘いただかなければ今でも僕やってました。

ダメなんですよ、タープも!!

理由はテントの時と一緒。燃えやすい素材ですから。

image-e1388535371807-768x1024<ヘタするとこうなります。>

でも、冬キャンプとか温まりたいじゃないですか。

あるいは雨の日も焚火したいじゃないですか。

そういう方は、下記のようなアイテムを使えば大丈夫みたい!!

○良すぎる服は着ちゃダメ!!

いや、ダメってわけではないんですが、むしろ服がダメになる可能性があります。

上で火の粉の話しをしたと思います。

そう。

服に火の粉がかかるの。

そんで、穴が開くの。

4月に有野実苑で(有野実苑の情報はここ)社長と楽しく話をしていた時悲劇はおきました。

なんか腕が急に熱くなったなと思って見てみたら火の粉が腕にくっついてました。やけどは大丈夫だったんですが、服の上から触っているのに何故か肌に触った感覚。

そう。服に穴が開いていたのです。

旅に要らないのにカッコつけで来ていた2万弱の上着。

もちろん化繊仕様。

結果、大事な服に普通に穴が開きました。

いいですか、皆さん。

良い服は着て行かない。着ていくのはキャンプ用のウェアで望みましょう。まぁ化繊無しの服であればある程度大丈夫なんですが。


さぁ、こんな感じ僕なりに思う焚火をする際の注意点を挙げてみました。

ポイントとしては

  • キャンプ場の焚火のルール・仕方を守る
  • 火事にならないように事前準備をする
  • 良い服は着て行かない(←!?)

の3つになるでしょうか。

さぁ焚火の正しい知識を持って、最高のキャンプライフを!!