【今まで使ってきたもの全部紹介】結局、キャンプ用のマットは何がいいの?どれがオススメ?!

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。初心者向けの情報発信を企てた人。キャンプブログを書くことが趣味と化しているここ最近。キャンプも好きだけど、自然の中で過ごすことも好きです。

みんな悩むキャンプ用のマット。マット選びに失敗すると夜しっかり眠れなくてなんだか不完全燃焼感に襲われます。個人差があるので、どれが絶対にいいとも言い切れませんが、今まで僕達が使ってきたキャンプ用のマットについてまとめてみます。

スポンサーリンク

キャンプ用のマット。。。どれがオススメなの?!

IMG_1686

ヤマケンが初心者の方向けにマットの選び方についての記事を書いてくれてます。

参考記事:【初心者向け】キャンプで寝る時に使うマットレスの選び方ってどんな感じ?

上記でも書かれてますが、マットって色々と種類があってややこしいです。ウレタンマット、インフレーター、そしてエアーマット。僕たちはエアーマットを使わないので(かさばる、エアーが好きではない)それ以外のもので、今まで使っていたマットについて総まとめします。

順番は性能重視だけど値段も考慮しているオススメ順です。

サーマレスト Zライトソル

DSC00423

こちらウレタンマットの「サーマレスト Zライトソル」

適度な凸凹感と底冷えを防いでくれる性能抜群の登山・キャンプ用のマットです。愛用者がたくさんいます。

サーマレストは、アウトドア用マットのテッパンです。特に寒い秋冬に大活躍してくれます。1枚7,000円以上なので非常に高価ですが、値段相応の性能を持ちあわせていますので、お財布に余裕のある方はオススメです。

ちなみに、後で紹介するリッジレストよりもZライトソルの方がオススメですね。

関連記事:【レビュー】サーマレスト Zライトソルは寝心地と暖かさを両立した良い感じのマットです。

オリジナルキャンプブランド

ハイランダー スエードインフレーターマット

DSC00977

つい最近ヤマケンが購入したインフレーターマット。1つ4,000円ちょっとなのに厚さ5cmというキャンプで快適に眠ることができる厚さを確保してくれます。これの登場には正直ビックリしてます。

最初は安かろう悪かろうかと疑っていたんですが、結局勝浦まんぼうでの日々でお世話になってすっかりトリコになりました。

収納サイズが若干大きいですが、車で行くオートキャンプなら問題ないですね!

関連記事:【人柱?レビュー】ハイランダースエードインフレーターマットは安いのに寝心地が良くてかなりオススメだわ

ISUKA ピークライトマットレス

IMG_1690

こちら山岳系のメーカーISUKAのピークライトマットレス(インフレーター)。さすが登山系の道具だけあって100回以上使用しても何の問題もありません。

収納サイズが500mlのペットボトル程度なのが良いところでもありますので、徒歩やバイクでキャンプに行く方にオススメです。

120cmサイズで6,000円ちょっと決して安くないですが、使用回数を考えれば買って損はないと思います。

ちなみに、ヤマケンはモンベル製のモノを使ってますが、大差はないですが見た感じ表裏両面の滑り止めがISUKAの方が多い気がします。

関連記事:キャンプ用のマットはどこがNo.1なのか追及し続ける。mont-bellとISUKAのマットを比較してみた。

キャプテンスタッグ EVAフォームマット

IMG_2114

写真右側のアイテムです。こちらはお手頃価格のキャンプ道具を販売するキャプテンスタッグの製品です。

ウレタンマットでサーマレストほどの性能(底冷えを防ぐ力はあまりありません)はないですが、1枚2,000円ちょっとで買えるのが魅力的なポイント。

思いの外柔らかいですし、安いので雑にも扱える高評価キャンプ道具です。ファミリーキャンプで夏だけしかキャンプをしない人は、このマットを人数分揃えるのが一番安上がりかもしれませんね。

関連記事:【キャンプ用のマット】ウレタンマットはキャプテンスタッグのEVAフォームマットで十分だと判明

DABADA キャンピングマット

IMG_3936

謎のメーカーDABADA。初期に購入したインフレーターマットです。意外と長持ちする、そして一応3cmまで膨らむので僕的にはそこそこ満足がいきました。

人によっては空気が入りすぎてブヨブヨ感が嫌だという人もいますが、お値段2,200円なのでまぁそれ相応でしょう。安く済ませたい人はこれでもいいと思いますよ!

関連記事:結局の所、寝袋の下に敷くマットは何がいいの?100日以上使って比較してみた。〜初心者のためのキャンプ入門〜

サーマレスト リッジレスト

IMG_2122

写真右側のウレタンマットがサーマレストのリッジレストです。こちらはヤマケンが旅の初期に使用してました。

今回紹介するアイテムで一番オススメできないマットです。理由は厚さです。

厚さがわずか1.5cmしかないことです。

R値と呼ばれる、どれだけ地面の冷気を遮ることができるかという値は、先程紹介したZライトソルよりも高いのですが、キャンプでそこまで求められることはそうそうないと思います。

これはどちらかというと、登山をする人や旅人が使うマットですね。オートキャンプでは、適してません。

関連記事:キャンプにオススメのマット【サーマレスト】は【リッジレスト】?【Zライトソル】?どれがいいの?

以上、僕達が使ってきたマットレスについての紹介でした。

いやーハイランダーの存在感がここに来て急浮上してます。厚さ5cmで4,000円台はなかなかいいですよね。。。

ぜひ参考にしてください。

ガルボ
マット選びは重要ですね。私もインフレータブルの厚めのマットが一番いい感じですね。うすいマットでも銀マットを下に引くなど少し工夫するだけで寝心地が良くなります。

コメント

  1. とらぬ狸 より:

    ファミキャンのわが家はコールマンのエアーマット270を愛用。
    かなり重いですがオートキャンプオンリーのわが家では重さは気にしなくていいですし、地面の硬さ、冷たさを完全に防いでくれます。
    何度か使用してますが壊れる様子も無く以外と丈夫な作りなので重宝してます。

  2. さくぽん より:

    エアーマットですか!たしかにオートキャンプオンリーだったら全然問題ないですよね。
    そのあたりのレビューもしてもらえると、皆さんの参考になるかと!