家族をキャンプに連れ出す方法 【家族のイメージを知る】

5月は子供をキャンプデビューさせるのにちょうどいい時期かも

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=パインパインマン=ケンイチ:アウトドア”笑顔”クリエイター
好きな声優は花澤香菜さんと安野 希世乃さん。ブログのシステムと顔面担当。キャンプ初心者に優しい世界になれば良いと思ってますが、旅3年目にして本格的に髪の毛を失った。

今回はブログの読者”とらぬ狸”氏からの寄稿です。

僕らじゃカバーできないファミリーキャンプのそこんところ!的な感じで記事を頂きました。

では御覧ください。


どうも、とらぬ狸です。

みなさんお元気ですか?僕は連日の猛暑で夏バテ気味です。

夏バテには夏野菜が良いです。夏に不足しがちなカリウムやビタミン類といった栄養素が豊富で夏バテに効果的。

東京都葛飾区にある我が家の斜め向かいにお住まいのタナベ家(仮名)の生業は農業。

今年は夏野菜を沢山おすそ分け頂きましたので、夏野菜を沢山食べて残暑厳しい夏を乗り切りたいと思います。

しかし改めて考えると、大都会東京で農家から野菜を頂けることにビックリです。

川の向こうには、都会の象徴であるデパート、しかも ISETAN があります。ブランド物もたくさん売ってます。

東京の田舎はハイカラです
閑話休題。

スポンサーリンク

家族へのファミリーキャンプへの提案の仕方

話は数年前にさかのぼります。

子タヌキが小学1年生になった年の初め、長年温めていた「ファミリーキャンプ」を実現させる為に早速行動に移すことにしました。

家族をファミリーキャンプに連れ出すにはどうすればよいのか?

僕は子供の頃からキャンプをやっていたので、「キャンプ」というモノの楽しさやイメージを明確に持っていましたが、そもそも妻や子供はキャンプに対してどういうイメージをもっているのか分かりませんでした。

そこでまずは家族のキャンプに対するイメージを知る必要があったので聞いてみることにしたのです。

アウトドアについての家族のイメージ 〜妻の場合〜

IMG_0498

ファミリーキャンプについて妻に聞いてみました。

とらぬ狸
ねえ、唐突だけど、キャンプってどう?
狸嫁
バーベキューっていいね。昔友達と埼玉県の丹沢でやったバーベキュー良かったわ♪
とらぬ狸
バーべキューしながら、キャンプとかして過ごすのは?
嫁狸
汚いのいや。
とらぬ狸
自然がたくさんでマイナスイオン豊富だから、肌に良いよ。
嫁狸
お風呂ないし。
とらぬ狸
動物好きでしょ?シカやタヌキとか見れるかもよ。
嫁狸
虫が嫌い。昆虫は好き。

・・・・・・・

若干、会話が噛み合わないようだ。

結婚してくれているのが少し不思議に思えてきましたが、ここは細かいことは気にしない、ここで引き下がっては先に進めない!

家族で「楽しいバーベキュー」から「楽しいファミリーキャンプ」へ、なんとか流れをもってこなければならない・・・

ヤマケン
なるほど。最初にキャンプの何が嫌なのか、どんな嫌なイメージを持っているのか聞き出すのか。
さくぽん
BBQからキャンプへという流れはアリですよね。そういう人、多いと思います。

20160430-IMG_9917

とらぬ狸
東京暮らしの子供に、自然と触れ合える場を与えたいと思うんだよね。

泊まりで行けば川遊びや動物観察、山登り、天体観測がゆっくりして出来てステキじゃない?

子供の教育にも良いって言うし。

嫁狸
そーね、それは良いわね。

でも、キャンプってお金幾らかかるのかしら?

とらぬ狸
テントとかの道具がすべてあれば、交通費と食費だけだから、旅行に行ってホテル利用するよか安いよ。

あと、温泉が近ければ「立ち寄り湯」といって入浴料500〜1000円で温泉入ってサッパリできるよ。

嫁狸
ホテルや旅館より安い・・・・、いいわよ。

・・・・・・・

やはり、母親。「子供の教育に良い効果がある」という部分に反応してくれました。

さすが、主婦。予算を気にするところは、家計を預かる身としては当然。

比較的低い予算で出来るキャンプは家族旅行の選択肢として悪くないと感じてくれた様です、

妻が独身時代に友人と行った、バーベキューの楽しい思い出が追い風になってくれました。

こうしてやり取りを文章に起こしてみると、しっくりこない感が少し文面からにじみでちゃってますが、なんとなく「ファミリーキャンプ」に対して賛同を得ることができた様です。

ヤマケン
実際キャンプ場で働いたり、様子を見ていたりすると、最初は人見知りしてた子が気付いたらお友達を作ったり、パパママの後ろで隠れてるような子がキャンプ場の中を駆けまわったり。

子供にとって凄く貴重で刺激のある時間を過ごせる気がします。

さくぽん
アウトドアは基本、道具さえ揃えれば比較的お金がかかりません。登山もそうですよね。山登るのにお金はかかりません。

アウトドアについての家族のイメージ 〜ムスコの場合〜

IMG_9938

アウトドアについて、子タヌキにも話を聞いてみました。

とらぬ狸
キャンプにいくか?

子狸
それたのしいの?

とらぬ狸
楽しいと思うよ。山とか、川とかで、お泊りして遊んですごすんだよ。

子狸
スゴーイ!それやりたい!

・・・・・・・・・

さすが小学校一年生。

単純で素直なところがいいです。

子タヌキの攻略は簡単でした。スーパーマリオブラザースの一面より簡単でしたね。

馬鹿っぽい感じがすこし残念な気がしますが、男は基本的に単純ですし、なにより、とても愛らしいので、僕的にはオールOKです。

ヤマケン
子供は普段と違うってだけでワクワクするんだろうか。
外で寝るとか聞いたら子供は喜ぶんじゃないかなーなんて勝手に思ってますが。
さくぽん
子タヌキかわいい!色んなことが経験できるので、子供にとってはプラスになることばかりな気がします。

で、この後どうしたの?

家族のアウトドアに対するイメージを聞いてみたら、結果的になんとなくファミリーキャンプOKの流れをGETする事が出来てしまいました

しかしまだ決定打に欠いていて、モチのロンでOKだよ!的な了承を妻から頂いたわけではないのであります。

この後、家族(特に妻)のキャンプに対するイメージを盛り上げて、キャンプ道具購入→キャンプ場予約→楽しいファミキャン実現と繋げていったのです。

では、このあとの一手はどうしたのか? 次は家族を連れてアウトドアショップに向かったのです。

次回「家族をキャンプに連れ出す方法 〜キャンプ道具準備(購入)編〜」へ続く。

ヤマケン
なるほどー。まずは家族がキャンプに対してどういうイメージを持っているのかを確認して、自分のイメージを共有するようにしたわけですね。

単純に行こうぜ!って誘っても二の足を踏んでしまう人が多いですが、じゃあなんで二の足踏んじゃうの?ってところを聞き出して、その問題点を潰してあげる

さすがのビジネスマンですね!笑

さくぽん
やはり奥様の意見は、とても重要ですよね。そこをクリアできるように、あの手この手でアウトドア、キャンプのいいイメージを伝えていけばいいのかも。ふむふむ。

コメント

  1. ぎぐぅす より:

    『旅館やホテルに泊まるより安いよ』…この台詞はウチも今年使いました(笑)これは効果大ッスね☆
    ウチの嫁はキャンプ未経験でアウトドアには全く興味なし。キャンプに対するイメージが全く出来ないって言ってました。それが逆にプラスに作用し楽に丸め込めました(笑)まあ…キャンプ用品のほとんどは貯め込んでいた自分のお小遣いを使いましたが…(-。-;
    子供はお外でネンネするよ☆の一言でしたね(笑)

  2. さくぽん より:

    『旅館やホテルに泊まるより安いよ』
    はいいですよね〜。実際、1泊5,000円くらいですからね。家族で利用するなら圧倒的に安いですし(道具は別として笑)

    アウトドア未経験の方はうまく丸め込めそうですね!
    子供にとってはデメリットがないので、本当にキャンプがオススメです。