ロードバイクでキャンプに行くには!?【バイクパッキング】の仕方!(夏編)

最近、朝5時半に起きてすぐベランダに出て「外の空気きもてぃー!」ってなってなることにハマっています。

ども!たかにぃです!

たかにぃ:ひたすらにキャンプが好きな27歳。
主にソロ。野宿とかもする変態キャンパー。
面倒くさがりなので道具が最小限(笑)
楽しけりゃいい。

今日はバイクパッキング夏編とゆーことで、冬編よりさらに軽量化した、たかにぃの装備を紹介します!

(注)これはあくまでたかにぃの自転車キャンプであって、これが正解!というわけではありません!

あくまで参考になれば!ということです。

全体の装備のご紹介

こんな感じで装備してます。

サドルについてるアピデュラのサドルバッグ

行動食と一眼レフを入れるためのフロントバッグ

焚火台などを入れるリュックも!

オリジナルキャンプブランド

サドルバッグの中身

まずサドルバッグから

  1. サドルバッグ:アピデュラ/レギュラーサドルバッグ
  2. テント:SixMoonDesighns /Deschutes Plus Tarp(シックスムーンデザインズ/デュシューツプラスタープ)
  3. ポール:SixMoonDesighns /カーボンテントポール124cm
  4. ガス缶:SOTO/パワーガス105
  5. シュラフカバー:SOL/エスケイプヴィヴィO.D
  6. レインウェア:モンベル/バーサライトジャケット
  7. コッヘル:trangia/ツンドラ3ミニ ブラックバージョン
  8. シェラカップ:ベルモント/チタンシェラカップ250mlフォードハンドル
  9. 小物入れ:ティッシュ、ウエティ、
  10. シングルバーナー:SOTO/マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター
  11. マット:KLYMIT/イナーシャ オゾン
  12. 食料:米一合、レトルトカレー、登山パスタ
  13. 水筒:プラティパス1L
  14. ペグ:アライテント/スティックペグ
  15. ナイフ:モーラ/HeavyDutyMG
  16. ヘッドライト:LITOM/LEDヘッドライトスポットライト
  17. ガスランタン:PRIMUS/P-541マイクロランタン

といった感じ。

それぞれの使用感等は別でまた記事を書きたいと思います。

この日は翌日が雨予報だったんで、レインウェア持ってきてます。

ヤマケン
サドルバッグすげぇな!!メインになる道具、全部入るくらいの収納力あるんやな。
さくぽん
サドルバッグすごいね・・・・!

因みに河原キャンプなのでバンジーコードにサンダルと、こまめに休憩するためにモンベルの椅子を挟み込んでいます。

ヤマケン
キャンプにサンダルは必須。

フロントバッグと、リュックの中身

 左:フロントバッグ、右:リュックの中身です。

㋐フロントバッグ:adidas/10年以上前に購入したウエストポーチです。

㋑行動食:スニッカーズ、カロリーメイト

㋒リュック:ホグロフス/VOL L10年前に購入したもの

㋓上着:ノースフェイス/親からの贈り物。品名特定できず。

㋔焚火台:WANDERLUST EQUIPMENT/ピコグリル398

㋕小物入れ②:ドリップコーヒー、お茶パック、紅茶パック

㋖近所のコンビニで買い物してきた。お酒とかお菓子。

と、いった感じ。

フロントバックには行動食の他に一眼レフや携帯、財布が入ります。

撮り忘れましたが、リュックのポケットには蝋燭、LEDミニランタンと、虫よけスプレー入ってます!

冬の装備との違い!

シュラフを省いてシュラフカバーだけで寝たり、インフレーターマットをエアーマットにしたり、

冬装備に比べると圧倒的に装備が少ない上に軽い!小さい!とかなり、軽量化に磨きがかかってます!(笑)

これなら30Lのバックパックに詰め込んでも隙間ができるでしょう!ひゃっほーい!

そして今回新しく導入したエアマットやレインウェアなどのサイズ感はこんな感じ!

左から、インフレーターマット、エアーマット、350ml缶

ヤマケン
エアーマット、マジで小さいな!!寝心地が気になるところ。

モンベルのレインウェア

シュラフカバー

ノースフェイスの上着

モンベルの椅子

ヤマケン
モンベルの椅子ってあの、3本足のやつ?どんな座り心地よ。
さくぽん
サイズ感的にはヘリノックスのチェアゼロと一緒くらい?

パッキング

パッキングの様子はこんな感じ。

まず、小さなもの。少し重量のあるもの。

長物も入る。

コッヘルとエアマット入れて。

最後にテントとマットとシュラフカバー。

以上でパッキング終了!これでもまだ少し余裕がありますね♪

まとめ

今回は特に重量とか記載してないですが、気になる方はコメント下さい。

次の記事の冒頭に入れていきます。(^^♪

夏のバイクパッキングは熱中症に十分注意してください。

多少無理する傾向のある私でも、こまめに水分補給することは勿論、休憩時間を長くとります。

キャンプ中も自転車ライド中も、危険予知を自分の中で意識して行うのは大切です。

今回の記事参考になった!又は、ココはおかしいぞ!など、お気軽にコメント下さい(^-^)

ヤマケン
立ってるだけでも汗をかく季節になってきましたからね!必ず水分補給の準備を!!
さくぽん
おもしろかったー!たかにぃありがとう!

コメント

  1. こう より:

    すごいよ!たかにぃ(@_@)
    ここまでコンパクトになっても必要なものが揃ってる…目からウロコです。
    バイクキャンプの一日みたいな感じの見てみたいです。行き帰りの行程含めてお願いしまーす!

  2. タカニィ より:

    こうさん
    コメントありがとうございます♪
    コンパクトキャンプはキャンプの無限の可能性っす!(笑)
    分かりました!どのルートでどこのキャンプ場に行ったかとか
    どんなキャンプだったかとか細かく紹介していきますね(^^)/

  3. Otama より:

    他人様の装備を見るのはなかなか参考になりますね。
    サドルバッグ買って、ロードバイクでミニマムキャンプもやってみようかしら?

    そうそう、ロードバイクを寝かせるときは左側を下にしないとディレイラーハンガーが曲がったり、最悪折れたりしますよ~

  4. タカニィ より:

    Otamaさん
    コメントありがとうございます!
    いいですね!凄く楽しいですよ♪

    なるほど!それは知らなかったです!|д゚)
    ロードバイクに関してはまだまだ全然初心者なので色々教えて頂きたいです!