【初心者向け】キャンプってめちゃくちゃ暗いよ!!これから始める人はせめてLEDランタンを買いましょう。

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。
彼女募集中です。

最近何も考えたくない時に漫画読んでるんですけど、徒然チルドレンが良い感じです。ウェブマンガなので、無料でも読めます。で、製品版?にはウェブじゃ読めない内容が含まれてます。ウェブ漫画版が好きすぎて、うっかり全巻買いました。アフィリエイトリンクです。

え。新刊出てるじゃん。

さて、本題ですが、今回はキャンプを初めてした時におそらく100%確実に起こるトラブル、灯り問題について。

スポンサーリンク

キャンプ場、マジで暗いからね

これは僕達も通った道ですが、キャンプ場はマジで暗いです。

キャンプをしてみると分かりますが、マジで真っ暗。

でも、普段の生活で本当に真っ暗な体験って少ないと思うんですよね。夜道が暗いと言ってもなんだかんだ外灯がありますし、部屋に戻ればボタン一つで明かりがつきます。

そういう生活が普通なので、初めてのキャンプで最も確実に困るのは灯り問題だと思うわけです。

さらに言えば、ランタン買ったから大丈夫!と思っても、1つじゃ全然足りなかったり、光量が足りなくて大変だったりと、まぁこれもやってみないと分からないことではあります。

が、事前に準備出来るならしておきたいところですので、そのあたりを書いていきますね。

※ランタン:キャンプで使う、ライトとかランプのこと。これがないと夜真っ暗で何も見えません。LED・ガス・ガソリン・ケロシン(灯油)などを燃料にしたものがあります。

せめてLEDランタン(600lm~1000lm)のものを1つは準備しましょう

まず、どれくらいの明るさがあれば良いのかからですが、600lm~1000lmのものを準備しましょう。

lm(ルーメン)とはざっくり言えば、光量のことです。細かいことを言うと色々ありますが、この数字が大きれば大きいほど明るいと思ってもらっておけば大体大丈夫です。

今まで言うW(ワット)に変わるものだと思ってもらうと想像しやすいと思います。

で、何lmのランタンを買えば良いのかと言うと、最低でも600lm、出来れば1000lmのものです。キャンプで使える電池式・バッテリー式LEDランタンで僕の知っている最も明るいものは、GENTOS(ジェントス)というメーカーが出しています。

1000lmあれば、それなりにキャンプが出来るはずです。

オリジナルキャンプブランド

出来れば2つ以上準備すると良いです

上のランタンが1つあれば快適かというとそうでもないので、出来れば600lmレベルのランタンがもう一つあると良いと思います。

というのも、他にもランタンを必要とするシーンが結構あるのです。

1番気になるのは、調理をしている時と食事をする時です。

というのもメインランタンを1つだけだと、調理をしてるときの手元が暗いです。BBQなんかで肉を焼くときなんか特に思うんですけど、手元暗すぎて、お肉が焼けてるのか焼けてないのかもよくわからないんですよね。笑 ひどい時は何焼いてるとか何作ってるかとかも分からない・・・・

あるいは食事をする時のテーブルランプ。メインランタン1つだと、テーブル上に影が出来ちゃって、何がどうなってるのかテーブル上が分からない・・・・

という感じなので、サブとしてもう一つあると快適度合いが変わってきます。

LEDランタンはいくつあっても困らないので、まずはLEDで

ここまで、LEDランタンだけをオススメしてきました。

キャンプでは、ガス燃料やガソリン燃料のランタンがありますが、初心者はまずLEDランタンを使うことをオススメしています。

というのも、ガスやガソリンは言わずもがな可燃性のもので、知らずに使うと危険です。

いや、厳密に言えば構造とか使い方を知っていれば何の問題もないので

イベントやお店の人にレクチャーを受けられるならば、最初からガスやガソリンランタンの購入が良いと思います。

ですが、そういう状況にない方なら、安全なLEDランタンをオススメします。無理することない。それにLEDランタンはいくつあっても困りませんからね。

上の項でも書きましたが、トイレや洗い物に行く道中を照らすとか、テントの中を照らすとか、道具を探すとか、使い道は多いので。


以上、キャンプ初心者が誰しも通る「え?キャンプ暗すぎない?」についてのお話でした。

やー。僕も初めての時、ほんとコレでした。

佐久間とキャンプするようになったときも、200lm位しかないLEDランタン1個を4人で使ってましたし・・・笑

先日寄稿してくれたあるこ君も、スマホのライトでーって言ってましたが、いやほんとにそれよね。

なので、せめてLEDランタンを1つ、欲を言えば2つ準備しておくと快適度合いが全然違ってまいりますよー!

さくぽん
これ、あるあるだよね。サンタヒルズに行って、森の中だということもあってか数m先も見えずに「え!暗!!え!マジ!?」って思った記憶があります。まずはLEDランタンからどうぞ。

コメント

  1. マツケン より:

    まずはLED(トライアゴ)を購入し、コールマンのワンマントルに惹かれていたところ知り合いにノーススター(ガソリン)を譲ってもらえたこともあり、両方持ってったデビュー戦では光には困らずに済みやした。
    ただ、誰からもレクチャー受けてなかったんで掃除やらしながら事前に点火練習はしてった!怖がる必要はないけど油断しないで扱えばキャンプ度一気に上がります!音とか雰囲気に一人で酔える!
    ガソリンは満足度満点だけど、トイレやら何やらとLEDの使い勝手は凄いと感心した想い出がpriceless!

  2. なーお より:

    ファミキャン勢的には、超最低でLED2個は欲しいです。
    トイレだったり、子供寝かしつけにテントにいったり(食事中が多いw)で、
    2つのうち1つは常にあっち行ったりこっち行ったりしてると考えた方がいいです。残り1つで食事しーの、洗い場いきーの。。。やっぱもう1ついるかな。。
    お子がいて薄暗いと何かこぼしたり、
    ひっくり返したり。。。はたまた夫婦のトラブルにも繋がりますw
    かといってLEDランタンがいくつもあると電池代結構するし、充電式のコールマンのやつとか明るくていいけど、ソコソコ値がはるし。。
    コスパと利便性と雰囲気と父へのリスペクトを考えると、
    LED2つに燃焼系1つが良きと思ってる。
    僕はYouTubeで燃焼系の勉強しましたw

    灯りネタ、いつもファミキャン勢にはちと少ないなぁと思って見てたんだ。すまん。

  3. ヤマケン より:

    マツケン

    両方持つのが1番の理想だね!
    点火の練習とか、メンテナンスを含めて、事前にやっぱり一度二度触っておくと安全安心。
    後はしっかりしたスタッフのいるキャンプ場に行くのも手だね。
    もちろん燃料使った照明器具の魅力はロマンにあふれているので、ハマったらぜひ一度はトライして頂きたい。
    素晴らしい体験でござる。

  4. ヤマケン より:

    なーお

    ファミリーじゃないことに加え、そもそも私も佐久間も灯りが必要になったタイミングで寝る人間なので、すまんな!!笑
    独自充電システムのは高い+マイナーチェンジで充電システムが変更になったりするのが、玉に瑕・・・

    リアルなファミリーキャンパーの灯り事情はかなり有益でございます。
    やっぱり子供がいると使うよね−。
    そういう情報、どんどん頂戴!!記事にさせて頂きます。笑