キャンプでも快適な睡眠を。コットを使えば快眠できちゃう!〜初心者のためのキャンプ入門〜

image
さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開されたものを、2016年に加筆・再編集したものです。

キャンプの時ってやっぱり夜の睡眠が気になる。。。って声を時々耳にします。

確かに装備不足でテントで寝ると直で地面に寝ているのとほとんど変わりないので快適な睡眠をとることができません。

以前も快適な睡眠のためにはマットが重要!マットを使えば快適な睡眠をとれるということを説明致しましたが

今回は「キャンプ用の簡易ベッド:コット」で快適な睡眠をとる方法をお伝え致します!

スポンサーリンク

コットとは?キャンプで使う簡易ベットのこと

上で紹介した通り「キャンプで使う簡易ベッド」のことで各キャンプ用品メーカーから販売されています。

キャンプで快眠するにはコットがおすすめです。

値段は2,480円〜40,000円を超える物までピンからキリまであって、組み立て要らずのものや組み立てに相当なパワーが必要なものまであります。

寝心地の良さは、生地の張りに左右されます。安いモノだと、生地自体の素材や構造により、張りが弱いものが多く寝心地はそれほどでもありません。とは言え、どんなコットでも通常のマットよりは寝心地がいいんですが・・・

寝てみないと分からない部分が強いので、なるべくお店で実物を試してみるのがいいでしょう。

初心者にオススメなのは?

初心者というか、皆さんにオススメなのが組み立て不要タイプのコット。後に述べますが、安い商品は組み立てにかなりのコツとパワーが必要です。

ヤマケン

例えば、ユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット。北軽井沢スウィートグラスのスタッフガッツがこれを購入してて、使わせてもらいました。脚が長いので、立ち上がるのに丁度良い高さだし、寝心地も十分です。

1万円と高めですが、それでもキャンプで快適に睡眠を取りたい人は考える価値はあります。ファミリーキャンプだと中々手は出ませんが、独身の方だったら、思いきって買ってみると睡眠が変わります。

収納時はアウトドアチェアのようにコンパクトに収納できて、使う時は特に組み立て要らずでただ広げるだけ。

5秒で寝床が完成します。

ユニフレームの製品はさすがで、ポール部分がガッチリしていてとても寝心地がいいです。

圧倒的で最強のコットは?

1番オススメのコットはヘリノックスのコットワン

現状で寝心地が1番良いコットはヘリノックスのコットワンで間違いないと思います。僕らも使用しています。

金額がべらぼうに高いですが、他の追随を許さないレベルの寝心地が手に入ります。

構造と素材が今のコットと全く違うため、収納サイズはかなり小さく、そして軽い。それにも関わらず、組み上げ時の張りが凄く強くて、寝心地が良いのです。

逆に安いものは・・・?

image

例えばBUNDOKのコンパクトベットであれば3,000円未満で購入できますが、この手の商品は組み立てが大変です。

ポールを本体に差し込み後、支える足を固定させるのですが、本当に難儀です。

かなり固いので女性ではまず無理ですし、男の人でも組み立てるのに10分以上かかる場合もあります。

ガルボ
組立のコツが解ればそこまで苦労せず設営できますよ!

コットをオススメするのはもう1つ理由があるから。

組み立ていらずですぐに寝床が完成するのが1つの大きなオススメポイントですが、もう1つコットをオススメする理由があります。

それはサイト状況に左右されないということです。

少し大きめの砂利が敷き詰められているサイトですと、しっかりとマットを敷いたつもりでも意外と背中がゴロゴロしてしまうことがあります。これは河原サイトのキャンプ場に多いです。

そんな時でもコットであればそんなのはお構いなしで眠ることができるんです。

あとはテントは張らずにタープとコットだけでキャンプをする方法もあります。

ヤマケン
最近はタープとコットだけで眠るタープ泊ばかりしている気がします。

蚊が出る時はメッシュテントの中にコットを入れるか、コットの上にメッシュテントを載せて寝ます。


以上、コットでの快眠睡眠のススメでした!

1万円と多少値段が張ってしまうというデメリットもありますが、快適な睡眠には替えれませんからね!

それに一度買ってしまうとなかなか壊れないです。コットが壊れたという話を私はまだ一度も聞いた事がないです。

これであなたにも快適なアウトドアライフを!