【キャンプ飯レシピ】コンビーフと玉ねぎのホットサンドwithスパイスソルト

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
ヤマグチ=不死鳥【フェニックス】=ケンイチ
アウトドア”笑顔”クリエイター
ブログのシステムと顔面担当。
夢は俺のブルース・ウィリスがダイハード。

日々修行の毎日なんですが、こう、頭の回転が良くない方なので割とどうしようもないよね。頑張るんだけど。

さて今回はキャンプのホットサンドレシピ。

スポンサーリンク

コンビーフと玉ねぎのホットサンド

以前カルカソンヌ会の時にぎぐぅすが作ってくれたコンビーフと玉ねぎのホットサンドをヤマケン流に作ってみましたというレシピ記事です。

コンビーフがジャンキーなんだけど、玉ねぎの味と食感のおかげで朝からでもぺろりと食べられちゃう不思議なホットサンドです。

件のカルカソンヌ会の時、ガルボが「二日酔いで食欲無いわ」って言っていたはずなのになんだかんだでばくばく食っていたレベルのさっぱり感。

材料

材料は下記の通り。

  • コンビーフ ※ニューコンミートでも可:1個
  • 玉ねぎ:半分
  • トマト:半分 ※無くても良い。
  • にんにく・生姜:少々

ぎぐぅすはマヨネーズか何かで味付けをしていた気がしますが、今回は新商品のHyper Camp CreatorsのHyper Camp Spice Salt(正式名称)を使って味付けしていきます。

手順

玉ねぎ、にんにく、生姜をみじん切りに。

結構雑でも良いけど、個人的には細かめに刻んだほうが食べやすかったです。

コンビーフをフォークなどで崩して玉ねぎなどと混ぜていきます。

もしコンビーフが固くて混ざらないようであれば、少しフライパンなどで炒めてしまっても良いかもしれません。

コンビーフと玉ねぎが混ざったら、スパイスソルト(略称)を入れて全体になじませます。

お好みでトマトを入れて全体的にさっくり混ぜていきます。

あんまり混ぜすぎるとトマトがべしゃべしゃになるので注意を。

あとはたっぷり食パンに載せて挟んで

焚き火に突っ込んで焼いていきます。

バウルーなんだかんだ言って絵になるよね。

焚き火だと結構火力が出るので、熾き火程度でやると失敗知らずで出来ます。

細かくひっくり返しつつ、焼き目が良い感じについたら完成!!

サクッと言う音が最高ですよね、ホットサンドって。いやほんとに。

上手な切り方はまずザクッと刃を入れてしまってから、刃先で下のパンをスーッと切っていくイメージです。何言ってのかわからないでしょ。

付け合せになんとなく葉っぱを載せて見ましたが、一緒にミネストローネとかコーヒーとかをつけると良い感じよね。今回作ってないけど。

コンビーフの脂と生玉ねぎの辛さがちょうどいいバランス。今回使ったスパイスソルト(略称)のブラックペッパーの辛さとクミンの香りが凄くいいエッセンスとなっております。

料理に自信のない方でも簡単に出来るのがホットサンドの良いところだし、朝にも手軽に食べられます。

スパイスソルト(略称)の仕上がりも手伝って、なんだかサクサク食べられてしまうので、是非是非お試しください!!

コメント

  1. ぎぐぅす より:

    これはサッパリしてうまそうだねー!やってみたくなったぞ!こりゃポチるしかないな笑

  2. マツケン より:

    スパイスソルト有野実苑で直買いできるかな?今月末行くからヤマケンに聞くね〜。ちなみに小学生でも行ける程度のスパイシーさかな?辛いって意味で。俺は激辛大好きだけど俺以外の女子3人は辛いの苦手なもんで。
    すぅぃまぁまぁ〜〜〜っすぅぅ

  3. ヤマケン より:

    ぎぐぅす

    コンビーフサンドうまいけど、こっちはよりさっぱり感が!
    玉ねぎ入れすぎると辛すぎるから注意なのねこれ。

  4. ヤマケン より:

    マツケン

    今週末以降であれば有野実苑で大丈夫だよ!
    小学生だと結構辛いかも。唐辛子の辛さじゃなくて黒胡椒の辛さ!