【冬キャンプで薪ストーブを使う時の注意点】フィールドラックを使って、地面から距離をとろう。

薪ストーブ

ども、さくぽんです。

%e4%bd%90%e4%b9%85%e9%96%93%e4%ba%ae%e4%bb%8b%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%86%99%e7%9c%9f
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
自然が好き過ぎて、年々人と話すのが苦手になりつつあります・・・どうしよう。

久しぶりのキャンプブログ更新。寒いですねー、もう冬だ。

さて、今回は薪ストーブに関する情報を紹介していきます。

スポンサーリンク

薪ストーブを使う時はフィールドラックを使って!

img_4497

冬キャンプといえば薪ストーブ!が大活躍しますね。薪をくべて暖をとって、さらにその火力で調理をする。これぞ冬キャンプの醍醐味の1つです。

薪ストーブに関してはこれまでも何度かブログ記事を書いてきましたが、

関連記事:冬キャンプの必須アイテム!【薪ストーブ】のシェルター内での使い方教えます。

関連記事:秋冬のキャンプで焚き火だけじゃ寒いって?!薪ストーブを買いましょう!!

今回は薪ストーブを使う上での注意点をキャンプ場目線で紹介していきます。

薪ストーブ、地面と近すぎませんか?

薪ストーブ

キャンプ場って直火がNGのところが多いですよね。それは直火がもたらす地面へのダメージを考慮してのことなのですが、それは薪ストーブにもいえるのです。

これ、本当に申し訳ない話なのですが、僕達が初心者時代にはそんなことを気にせずに普通にそのまま地面に限りなく近い状態で薪ストーブを使っていました。

もしキャンプサイトが芝生だったならば、その芝生は焼けてしまいますし、そうでなかったとしても地面へダメージを与えてしまうことは確かです。

そんなことを昨年スウィートグラスで話をしていたのですが、それについての解決策が出ました。

薪ストーブをユニフレームのフィールドラックの上にのせよう

フィールドラック

そう、これを使うんです。

色んなモノをこのラックの上に置くことによってキャンプサイトが小綺麗になるユニフレームのフィールドラック。

関連記事:【レビュー】UNIFLAME フィールドラックを買ったら急にキャンプ上級者の雰囲気になった

これの上に薪ストーブを置くことによって、薪ストーブの熱が地面へと影響を与えないようにすることができます。

薪ストーブ薪ストーブとガルボ

こんな感じです。

え、火力的に大丈夫なの?溶けたりしない?!

img_6309

っで、気になるのが耐荷重やらその耐久性やら。

これを最初に見た時は「え、溶けたりしないっけ?」って思いましたが、そうそうこのフィールドラックはステンレス製だから、大丈夫なんですよね。

しかも、安定のユニフレーム製品。薪使い放題のキャンプ場でガンガン燃やしましたけど、全く問題ありませんでした。

耐荷重的にも、カタログスペックで30kgまでのせることが可能なので、その点も全くもって問題なしですね。

まとめ

キャンプブームが起きて、今年の冬は各キャンプ場が大いに盛り上がることでしょう。おそらく色んなところで薪ストーブを使用しているシーンをみると思います。

ただし、過去の僕達のように、知らず知らずのうちにキャンプ場の自然にダメージを与えてしまうこともありますので、

今回のブログ記事を参考に、薪ストーブを使う際はフィールドラックを使って地面との距離をしっかりと保ちましょう。

余談ですが、薪ストーブをシェルターに入れて使用する際は、一酸化炭素中毒にも気をつけてくださいね!

関連記事:【冬キャンプをされる方は必ず読んでください】キャンプの時、一酸化炭素中毒には絶対気をつけてください。

それでは、楽しい冬キャンプを!

ガルボ
地面との距離を保つには他にも方法あるけど一番これが楽な方法だと思います!

使わないときにはフィールドラック単体の用途として使えるので一つあると楽ですよ!

<薪ストーブ>

<フィールドラック>