【キャンプ初心者向け】そもそもキャンプってどういうスタイルがあるの?

img_7799
さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
現在地はフィリピン。祖国で頑張って英語を勉強してます。
この記事は2014年に公開したもの、2016年に再編集したものです。

キャンプキャンプって言っていますが、実は色々なスタイルがあるってご存知でしたか?

キャンプのイメージの多くは、家族で楽しむファミリーキャンプだと思いますが、キャンプはファミリーだけのものじゃありません!

スポンサーリンク

「キャンプってどんなスタイルがあるんだろう?」

今回はそんな疑問にお答えしていきます!

ファミリーキャンプやら、女子キャンプやら!色んなキャンプスタイルがありますので

ぜひ、これからキャンプを始めたいという方や初心者の方は参考にしてみて下さい!

ファミリーキャンプ

やっぱり主流はファミリーキャンプ

言わずもがなですね。家族で楽しむキャンプです!個人的には1世帯だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんも含めた2世帯でのファミリーキャンプが増えて欲しいと思う今日この頃です。

実はキャンプは道具さえ揃えてしまえば、普通に旅行に行くよりも安く楽しめます。それに加えて、お子様に自然と触れ合う機会を与えることができますので、そこがファミリーキャンプの良さでしょうね。

日本のキャンプ人口のおよそ8割程度はこのファミリー層です。

ソロキャンプ

ソロキャンプにはソロキャンプにしか無い魅力があります。

単独で行うキャンプのこと。先日マツコの知らない世界という番組で、【ひとりキャンプ】として紹介されていましたね。

1人でキャンプ場で、ゆっくりとした時間を過ごすのがソロキャンプです。

グループでキャンプを始めたのに、気付いたらソロキャンプにドハマリしちゃったって言う人が多いです。

2年前はソロキャンプって言うとキャンプをする人からも「えー??」って言われていましたが、現在は割と認知度が上がってきています。キャンプをしたいけど、周りにキャンプをする人がいないと言う人も気にせずキャンプを始めましょう!

女子キャンプ

女子キャンプの集いは普段のキャンプと違って面白い。

イラストレーターこいしゆうかさんを中心とする「mijinco」が提唱するキャンプ。

基本的には個食個泊(自分のご飯は自分で準備し、自分のテントももちろん持参する)スタイルですが、夜になれば一緒に焚き火を囲いながら乾杯!なんていう最高なスタイルです。

女性でも1人でキャンプができるんです!!

こいしさんの初エッセイはこちら↓↓ キャンプやってみたいなーって考えている女性、必読です!!

グループキャンプ

グループキャンプが1番キャンプを始めやすいかも。

文字通り、男女や男性のみ、女性のみの複数のメンバーでキャンプすること。僕らはここから入りました。

仲のいいメンバー同士で楽しくワイワイしちゃう感じです!楽しい!!

また、ファミリーキャンパー同士で集まって、グループキャンプをされる方も多いですね。

そういう場合は子供同士が仲良く楽しそうにしてる姿が凄く見ていて和みます。

最近のキャンプブームの流れは、ここが主流なようです。オシャレな道具でオシャレなキャンプサイトを作って、仲間と楽しい時間を共有する。良いですね。

山キャンプ

登山を行うキャンプのこと。キャンプ場で行うキャンプとは別個のものと考えてもいいほど、色合いが違います。

普通のキャンプとは条件が異なるので、キャンプアイテムも異なってきます。

バックアップにアイテムを詰め込んで行きますので、山用のキャンプアイテムは軽量で丈夫です。

初心者からいきなり山キャンプってどうなんでしょう?最初は慣れている方と一緒に行きましょう!!

ツーリングキャンプ

通称バイク部。

バイク乗りの皆さんがツーリングついでにキャンプを楽しむキャンプスタイルです。

ツーリングがメインなのか、キャンプがメインなのかは定かではありませんが、キャンプ場に来て楽しそうに焚き火を囲んで、翌日爽やかに去っていく姿は凄く楽しそうです。

また、ラーツーもといラーメンツーリングなる物があるらしいです。美味しそう。

旅キャンプ

旅の目的地への宿泊手段にキャンプを選ぶスタイル

僕らのキャンプ旅の様なスタイルですね。

軽キャンパーやキャンピングカー、キャンピングトレーラーで日本全国どこでも回っちゃうキャンプスタイルです。

キャンピングカーを使う場合は車中泊とも言いますね。高速は使わず下道で、道の駅で車中泊して目的地に向かうゆったりしたスタイル。

どちらかというキャンプは宿泊の手段で、目的は観光地めぐり、と言ったところでしょうか。


以上、大まかなキャンプスタイルの分類でした。

あなたが目指すキャンプスタイルはありましたか??

キャンプ業界はまだまだ成熟されていません。この中にあなたが「こんなキャンプしてみたい!」と思ったものがなかったら、あなたが主体となって新しいスタイルを作ってしまえばいい!

僕は「男キャンプ」というものをもっと世の中に普及させていきたいと思ってます。

道具にこだわり、飯にこだわる。男ならではのキャンプスタイル。

そんなかっこいいスタイルを目指しながら、これからも日本一周を続けます!