【キャンプ道具レビュー】ノーブランド?スケーターの2wayスキレットはいろいろやるにはちょっと小さいかなという感じ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スケーターの2wayスキレット BBQ・料理関連

どもども、ヤマケンです。

ヤマケン
YAMAKEN the Super Star.
スーパースターです。
おすすめのお酒をまとめていたり、ゲーム実況も始めたりしています。
ご興味ある方はぜひヤマケンオフィシャルサイトを御覧ください。

今年も暮れますね。

夏の暑さがハード過ぎて、つい先週まで夏の感覚が抜けなかったんですが、ようやく年末モードの気分になりました。

まだまだ、2018年中に買った道具を紹介しきれていないので、今日もレビューしていくよ!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Amazonで売ってる、スケーターの2wayスキレットは、煮込みするにはちょっと微妙なサイズ感

僕、ソロキャンプがメインになってくるので小さいサイズの小鍋が欲しかったんですよね。

で、よくチリコンカンみたいなものを作るので、簡単な煮込みが2人前出来るくらいのサイズのスキレットを探してました。

それで今回買ったのが、Amazonで販売されていたスケーターの2wayスキレット。

結論から述べると、

  • 焼き物は問題なし、唐揚げもいける
  • 収納性の高い小型スキレットを欲している人にはおすすめ
  • 炒めもの、煮込みには微妙に小さい
  • 8インチのロッジのスキレットが結局良いかなぁ

という感じでした。

では詳細。

スケーターの2wayスキレットは6インチハーフ位のサイズ

スケーターの2wayスキレット

詳細としては凄く雑なんですが、6インチ、6インチハーフくらいのサイズ感なんでしょうか。

Amazonのレビューにもありますが、「思ったより小さかった」という印象でした。

底面14-5cm程度の大きさになります。

オリジナルキャンプブランド

思ったよりも小さくて炒めもの、煮込みにはちょっと微妙。そのかわりサイズ感が可愛い。

スケーターの2wayスキレット

『思いの外小さかった』というと、残念な感じに聞こえますが、個人的にはころっとしていて可愛いので良かったです。

スケーターの2wayスキレット

ただ、可愛いんですが、小さいがゆえに炒め物や煮込みものがちょっと微妙かもです。

食材を入れてかき混ぜようとすると、丁寧にやらないと落っこちてしまいます。

僕は一度に2食分くらいの料理を作ったりするので、ロッジの8インチスキレットのほうが断然使い勝手は良いかなぁって思います。。

一人分をちょこっと作ったり、お肉を焼くとかだったら全然問題ないんですが。

取手がとれる為、収納性は抜群。取っ手が熱くならないのも良い。

スケーターの2wayスキレット

ロッジのスキレットなどは取手が取れないので、収納がちょっとなぁと思う方が多いかもしれません。

スケーターの2wayスキレット

その点、このスキレットは凄く優秀。

取手が外れるのがこのスキレットの特徴ですので、片付ける時に取手が邪魔になるなんてことはありません。

あと、やっぱり取手を外した時のこのころっとした見た目は可愛い。

スケーターの2wayスキレット

あ、あと取り外し&持ち手樹脂なので、取手が熱くならないのは凄く使いやすい!!

危ない、大事なコトを書き忘れるところだった!

一般的なスキレットだと、使っている内に取っ手も熱くなって、革手袋などが必要になります。

でも、取り外せるし、しかも樹脂なので熱くならない。これは便利!!

蓋もフライパン代わりになる

スケーターの2wayスキレット

もう一つ特徴があるとしたら蓋もフライパンになるってところでしょうか。

通常、このサイズのスキレットは蓋は普通に蓋だったりするんですが、この蓋にはちゃんと高さがあってフライパンとしても使えます。

スケーターの2wayスキレット

イメージ、簡易コンボクッカー的な感じです。

もちろん蓋にも取手が使えます。

ただ、そのせいで蓋をして煮込むのが微妙・・・

スケーターの2wayスキレット

ただ、ちょっとこれもまた微妙なところなんですが、この蓋のせいで、煮込みに蓋をしようとするとちょっと微妙です。

上の写真みたいにグツグツ煮る時、蓋をしようとすると

  • 汁が溢れる
  • 食材が挟まって蓋がしまらない
  • 食材が潰れる

てな現象が起こります。

この辺りを念頭に入れて使用するといいでしょう。

とは言え、収納性、取手熱くならない、可愛さは凄く良い。

以上、レビューとなりましたが、とは言え。

とは言えですが、収納性の高さやその可愛さ、取手が凄く好きです、私。

正直ストレスを感じずに煮込みするなら8インチのロッジのスキレットなんですけどね。

ただ、収納する時にほかの道具の邪魔をしないし、取手も熱くならないし、なによりポテっと、コロっとした見た目が可愛い。

なので、結局僕はこれを使っていこうと思います。

そのうちロッジのスキレットとの比較記事も書こうかなぁ。

今回紹介したキャンプ道具:スケーターの2wayスキレット

みんなのコメント!

  1. じょに より:

    スターどもです!

    取手が外れるのは良いですな
    大きさもソロにはちょうどいい感じ!
    スターをはじめHCCのみなさんはレビューが秀逸過ぎるので物欲センサーがONになりっぱなしですわ(^-^;
    実はスキレット持ってないので来年買ってみようかなぁ
    こりゃ来年もギアがどんどん増えてくな!!

  2. RED より:

    蓋!収納性!取っ手!イイですね!
    そーいえば、こんな感じのスキレットって、見かけないですね。。。
    スノピのダッチオーブンサイズのコンボクッカーくらいか。。。
    私、アヒージョするのでこれくらいのサイズ好きなんですよねー
    弱点克服して、どこか作ってくれませんかねー。

    こないだルーメナー2の話ししがばかりですが、更に強力なのが出てるみたいですね。
    ご存知かもしれませんが、クレイモア プロ。
    ルーメナー2が1500lmに対して、クレイモア プロが2500lm!
    で、ルーメナー2よりも安いとか。
    S、M、Lのサイズ展開。

    ガソリンや灯油ランタンのギア感が好きでしたが、最近は手軽な収納性重視で、
    マイギアの中では、ランタン系がどんどんコンパクトになりつつあります。

    こいつもポチっちゃおかな。。。

  3. ヤマケン より:

    じょに

    そうそう。取手とれるのは地味に使いやすい!
    調理の使い勝手を考えると8インチだけどねー。

    スキレットかコンボクッカーはひとつあると便利よ!

    来年も引き続き買って行きます!笑

  4. ヤマケン より:

    REDさん

    少量でアヒージョであれば全然良いと思う。
    混ぜる必要ないしね!!

    2500lmワロタ
    そこまで明るくなくてもいいわ笑
    ただ、ルーメナーと同等品がルーメナーよりも2000円位安いのか・・・
    割とマジでありだな・・・

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました