【ちょっと早めに準備】秋冬キャンプがしたいあなたが準備すべきモノ。

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
もっと英語を頑張ります。色んな人と話がしたいです。

ついに!9月になりましたねー!気づけば今年もあと4ヶ月。1年の3分の2が終わりました。はえー。

さて、今回は9月になったということで秋冬キャンプに向けての準備に関する情報です。受注生産系の道具は早めに注文が必要なのです。

スポンサーリンク

秋冬キャンプ、マジで楽しいよ?

今年キャンプデビューされた方に猛烈にアピールしたいのが、秋のキャンプがとにかく最高だと言うことです。

これ、昨年以前にキャンプデビューされた、つまりキャンプ歴が1年以上でかつ秋にキャンプをされた方はほぼ100%同意してくれるはず。実際、各キャンプ場のオーナーに話を聞いても秋冬の入り状況が近年上昇中なんだとか!

っで、何が最高かっていうと、

  • 虫がいない
  • 蒸し暑くない
  • 空気が乾燥しはじめて過ごしやすい
  • 星空がキレイ
  • 紅葉が最高
  • 焚き火が超最高

です。

今年の夏にキャンプデビューされた方、夏のキャンプは楽しかったけど、夜が蒸し暑くて寝れなかったとか、あるいは雨ばっかで大変だった・・・という思いをした人もいるはず。

秋のキャンプは涼しくなり、夏に比べれば天気も安定するため、非常にオススメなわけですよ!

ガルボ先生が、夏キャンプと秋のキャンプの違いを語ってくれてますので、是非参考にしてください!

参考:秋キャンプって夏キャンプと何が違うの?という方に秋キャンプの良さを語ります。

秋のキャンプで注意点

ガルボ先生も僕と同じように虫もいないし、涼しいし、焚き火が最高!っと言ってくれてますが、いやはや本当に最高なんですよ。騙されたと思って行ってみてください。

そんな楽しい楽しい秋のキャンプなんですが、夏のキャンプ道具のままだと苦しい思いをしてしまうこともあるので、その点を伝えておきたいと思います。

具体的に言うと

  • 夜の気温が寒い→夏用の寝袋じゃ耐えられない
  • 服装は、冬支度をするくらいがちょうどいい。
  • 寒くてガス缶が機能しないかも?

ってな感じです。とにかく夏に比べて気温が下がります。当然ですよね。それに対応する必要があるのです。

寝袋は必ず乾しましょう

寝袋が3シーズン(春・夏・秋)ものなのか、マットは十分なのか(床冷えします)、普通のガス缶は気温が10度下回ると機能しにくくなりますので、その点も注意が必要です。

下記、去年書いた秋キャンプに関するまとめ記事がありますので、そちらも参考にしてください。

参考:秋のキャンプの基礎知識と役に立つ道具の使い方、オススメ、総まとめ

参考:冬用(寒冷地用)のガス缶があるのって知ってましたか?〜僕らの失敗談〜

オリジナルキャンプブランド

秋キャン、あると楽しい道具!焚火台!

では!ここからは楽しい話です。秋のキャンプでは焚き火が最高!っと何度もお伝えしております。本当に楽しいのです。

ゆらゆらと揺れる炎のリズムがなんとか波と同じらしくて、わりとマジで科学的にもそのリラックス効果があるとかないとか。これは実際に体験してもらわないとなんとも伝わらないので、ぜひともやってほしい!

っで、焚火を楽しむためには、直火OKのキャンプ場にいくか、焚火台を購入するか、の2パターンになります。

僕らはユニフレームのファイアグリルモノラルコールマンのファイアーディスクあたりを購入済み。ガルボ先生はソロキャンパー向けにピコグリルなんかも使用してます。あ、僕はB6君もあるなー。

この当たりは過去記事を是非参考にして、あなたにあったお気に入りの焚火台を見つけてください。ガルボがまとめてくれてました!

参考:【初心者向け】焚き火台の選び方のポイント【ガルボ流】

あとは、焚火台周辺パーツを集めるのも楽しみの1つですね。ガルボが持ってるファイアーハンガーカシワのグリルスタンドあたりはソロキャンパー必見です。

冬キャンプも見越して

冬キャンプ、ツールームテント

まだデビューまもない方にとっては冬にキャンプをするとか、狂気の沙汰のように思われるかと思いますが、これまた最高なのです。

冬はより空気が澄み切っていて、自然がとにかく美しい。

そして、先程紹介した焚火台からさらにレベルアップして、今度は薪ストーブを使って暖をとります。

薪ストーブと薪

これがなんともいえない原始的な感じがして楽しい。

大きなシェルターの中に薪ストーブを入れてぬくぬくと過ごす時間。薪ストーブの上で鍋料理とか、お餅焼いたりするのも最高なんです。

冬キャンプは秋のキャンプの装備の延長線上でできることもあれば、薪ストーブのように新しく買ったほうがいい装備もあります。

例えば、氷点下10度を下回るようなキャンプ場でなければ、3シーズン寝袋+毛布+ホットカーペットとかでも過ごせます。

参考:冬用の寝袋が買えなくて冬キャンプに行けない?それなら寝袋を二重にするといいですよ!

参考:【みんな来てくれ寂しくて死ぬ】僕のいる有野実苑オートキャンプ場で冬キャンプするのに必要なものをまとめました!

薪ストーブ、石油ストーブあたりは在庫の争奪戦になりそう。

っで、これだけキャンプが盛り上がっている昨今、そして秋までの予約がすでに埋まり始めているキャンプ場もたくさんあるなかで、気になるのが欲しい製品の在庫問題。

2015年に発売したスノーピークのレインボーストーブは、販売とともに即完売ということもありました。あと、たしかドッペルギャンガーの薪ストーブも在庫薄だったかな?

他にも、僕がずっと気になっているのが北海道小樽にある「新保製作所」の薪ストーブ。カラフルなカラー展開もあるし、ちょっと人と違ったモノが欲しい人には気になるメーカーさんです。

薪ストーブの上で調理をする

さくぽん、ガルボともに愛用中のホンマの薪ストーブでも十分なんですが、もしこだわりたい!という趣味趣向をお持ちであると自負されている方は、早め早めに注文をした方がいいと思いますよ!一部、受注生産品もあるかと思います。

まとめ

ってなわけで、秋キャンプのススメと冬のキャンプに向けたお気に入りキャンプ道具を要チェックしてみよう!という話でした。

っとはいえ、秋冬キャンプ、特に冬キャンプは危険を伴いますので、無理にオススメするものではありません。

あなたがやりたいと思ったら挑戦すればいいし。冬に外で寝るとかアホでしょ?と思うのであれば、それもまたいいと思います。僕も普段はこたつでヌクヌク煎餅とか食べてたいです(笑)

ぜひぜひ、参考にしてください!質問などあればお気軽にどうぞ!

ヤマケン
本当に秋冬キャンプは最高です。冬はくっそ寒いけど、それもまた良し。お子さん小さい家庭は無理しない方が良いけど、大人なら一度は試して欲しい贅沢な時間です。
たかにぃ
一年中キャンプする人たちの中では春、秋が一番旬。寧ろ夏とか回数減らします。

コメント

  1. teto より:

    今日は特に涼しくて、秋冬キャンプが近づいてきたなって気がするねー。
    ガルボの薪ストーブでぬくぬくするの楽しみだー!(人任せ)

  2. じょに より:

    さくぽんさん
    おはようございます。
    自分は北海道なんで、秋冬キャンプあんまり行かないですけど・・・
    寒くてもキャンプ楽しいっすね!
    ご存知かもしれませんが、寒いときインナーに”もちはだ”ってのを着ています。
    これ、あったかいっす!
    ま、無理にテントじゃなくてロッジ・コテージを利用するのもアリですな
    因みに焚火台はA-4君使ってますーー

  3. さくぽん より:

    tetoさん
    おざすー!いやーもう秋ですね。今年は秋になるのが早そうだと勝手に思ってます。
    皆で道具持ち寄って豪華に過ごすのってのはアリですね!!

  4. さくぽん より:

    じょにさん
    おざす!!
    ”もちはだ”!!ヒートテックの元祖的なやつなんですかね??
    僕も冬はコテージ推進派です。寒いですからねー。無理せず

  5. じょに より:

    さくぽんさん
    ざっす!!
    もちはだ・・・ヒートテックと違って生地は厚め(種類あり)、裏起毛で肌触りがめっちゃイイっす!男性用、女性用、子供用あり!
    で、ストレッチ素材もあって動きやすいですYO--種類も豊富!ちと高いですが汗
    良かったら暇な時にでも、もちはだで検索してみて下され
    決して回しものじゃありません(笑)

  6. さくぽん より:

    じょにさん
    どもです!もちはだ検索してみましたー!なかなか良さそうですねー。今年の冬にトライしてみます!!

  7. tanpopotabete より:

    秋冬キャンプ最高項目の追加
    ・ビールが温まることにナーバスにならなくて済む。
    ここ非常に大事です。(笑)

  8. さくぽん より:

    tanpopotabeteさん
    たしかに(笑)それ重要ですね。あとは焼酎のお湯割りとかも美味しい季節に!